台湾基隆市になぜ岡山県人が住んでいるのか?

私は岡山県倉敷市出身で、2007年3月に岡山を離れ台湾の北東にある港町、基隆市に住んでいます。 台湾でのサラリーマン生活で感じた個人的な感想をブログで書かせていただいています。

Tag:NHK

台湾人にはまだ岡山県の知名度がかなり低く感じます。岡山県出身ですと伝えても台湾人にはなかなかぴんと来ないようです。日本に行ったことがある人でも反応は変わりません。

「岡山県ってどんなところ?」と聞かれることも多いのですが、頑張ってどんなに説明しても、台湾人にはなかなか岡山県の魅力をわかってもらえません。

どんな岡山県紹介であれば台湾人の心にを揺さぶることができるのかというテーマで考えてみました。

岡山県の魅力とは?
岡山県の魅力とはなにか、まずはGoogle先生に聞いてみることにしました。検索で出てくるサイトの記事を参考にまとめてみると・・・
 
1.桃太郎の故郷、古代吉備文化発祥の地
2.フルーツがおいしい(白桃・マスカット・ピオーネなど)
3.晴れの日が多い(晴天率は全国一)
4.地震、大雪、洪水、渇水など自然災害が少ない
5.自然が豊か
6.交通が整備されており関西・四国などへのアクセスがよい
7.医療が進んでいる
といった感じです。

これらをどう組み合わせて話をすれば、台湾人に興味をもっていただけるのでしょう?

もう桃太郎では勝負しない 岡山県の新しいアピールとは
岡山台湾便が通年運航復活する日はあるのか?
岡山台湾便の通年運航は復活するのか?
次に岡山県をどのようにアピールしていけばいいかを考えてみます。

僕が開口一番で説明するのが「岡山県は桃太郎の故郷」ということなのですが、台湾人からは期待するほど関心をもっていただけません(ちなみに台湾人も桃太郎の話はよく知っています)。

ならばと美観地区やらフルーツネタで話を続けても、台湾人の関心は遠のくばかり。原因はいったいどこにあるのでしょう?台湾人の立場で考えてみることにします。
 
「岡山県ってどんなところ?」と質問をする台湾人には2タイプあると思われます。

1つは日本に関心はあるけれど、まだ日本に行ったことがない台湾人。

日本情報が氾濫する台湾で、大都会東京、古都京都、雪の北海道など日本を代表する観光地のイメージを漠然と持っているのがこのタイプ。また代表的な観光地の一部しか行ったことがない台湾人もこの範疇に入ります。

2つめはすでに日本に何度も旅行にいったことがある日本好きな台湾人。

昨今の円安で、また日本に旅行に来るリピーターも増えたと聞いております。もうすでに代表的な観光地に足を踏み入れ、彼らはなお新しい発見を求めて日本にやってきます。

 僕が振り返って考えるに、今まで僕が岡山県を紹介してきた台湾の皆さんは1.のタイプがほとんどだったと思います。

しかし「トーキョー・オンセン・ラーメン」といったステレオタイプ化した日本像にぞっこんの彼らに、そもそも「桃太郎の故郷・岡山」「白壁の街・倉敷」と説いても、関心を持たせることは至難です。

そこで1.のタイプへのアプローチは断念し、これから増えていくであろう2.のタイプに重点を絞った新しい紹介の仕方を模索してみることにしました。

また岡山県単独ではやはりパワー不足なので、近隣他府県の名前も入れてみます。

NHK式+ 心理学】一分で一生の信頼を勝ち取る法』で岡山県をアピールすると
最近本屋で『【NHK式+ 心理学】一分で一生の信頼を勝ち取る法』という本を手に入れました。短い間に相手にしっかり自分の言いたいことを伝え、信頼を得られるにはどうすればよいかについて、話法から仕草までしっかり説明されています。

この本では信頼を勝ち取る法則として、NHK式7つのルールというのが紹介されています。
●第1のルール――話す目的をハッキリさせる
●第2のルール――「13文字以内」でタイトルをつける
●第3のルール――結論は「最初の15秒」で言う
●第4のルール――「一文50文字以内」にする
●第5のルール――「4つの抑揚」で強調する
●第6のルール――「1分300文字」でゆっくり話す
●第7のルール――独り言から入る

ここで紹介されているNHKが長い年月をかけて研究した内容に沿って、日本観光リピーターの台湾人に対して岡山県のアピールをしてみます。

シチュエーション 
台湾人にどう言えば岡山県の良さをうまく伝えられるか?
日本に何度も行ったことがある日本好きな台湾人と知り合う。出身を聞かれ、「岡山県」だと答えたところ、その台湾人に「岡山県には行ったことがないんだけど、どんなところ?」と言われた後に続く1分間の岡山県紹介。

桃から生まれた桃太郎って知ってる?あの桃太郎の故郷が岡山なんです。
(独り言)

岡山は東京や大阪にはない日本の昔の原風景を見ることができる歴史の街です。なぜなら京都のように大規模に観光化されていないので昔のままの雰囲気が楽しめます。例えば田園地帯に点在する古代吉備国の古墳や寺社、天領だった倉敷に並ぶ白壁の屋敷や蔵などがあります。

岡山県は日本一晴れの日が多いので、安心して一日かけて自転車で回ることができます。
 
大阪や神戸に行ったら必ず寄ってみるべきところです。関西エリアから新幹線で約1時間と日帰りでも十分楽しめます。四国や広島にもアクセスが良いので、岡山を拠点に観光日程を組むことも可能です。他の人とは少し違う日本体験をしたい、日本観光中級者以上の方におすすめです。(本文)

むずかしい!!まだまだ考える必要がありそうです。

2回目の台湾旅行のお供に


台湾(海外生活・情報) ブログランキングへ   

上のリンクをぷちっと押していただくと大変励みになります。 
にほんブログ村 トラコミュ 台湾 / 中華民国へ
台湾 / 中華民国
このエントリーをはてなブックマークに追加

さてもう昨年のことですが、紅白歌合戦はごらんになりましたか?

2013年大晦日の紅白歌合戦は紅白史上初の海外台湾・台北を含めた3元中継でした。

台湾でも人気がある福山雅治の年越し公演会場、NHKホールのほか、2013台北ニューイヤーズパーティー」という85万人以上の市民が集まる毎年恒例のビッグイベント会場とも中継をつなぎました。

紅白史上初とのことで大変意義があったのだと思われますが、台湾在住の僕のまわりではそれほど人の口には挙がっていなかった印象です。なかには福山雅治が台北に来たのかと勘違いしている人もいました。

実際の中継状況も、テレビで見ていて少し痛かった気がします。日本からの一方的な呼びかけや福山雅治からのカタコトの中国語だけが飛び交い、横浜と東京だけで話がほとんどおわった感じです。

印象に残ったのは、台北101に表示されたNHKの文字と、台北からの中継が切られる寸前に聞こえてきた「フクヤマサン、カッコイイネ、デンワバンゴウオシエテ」という台湾のタレントJanet(謝怡芬)のつたない日本語だけでした。



秒刻みでスケジュールがすすむ紅白なので、これも仕方が無いことかもしれません。

海外にいると紅白に対する思いは格別
海外生活が長くなり、話す言葉も習慣もすべて現地化しても、やはり多くの日本人の心は日本時間で動いています 。そして年末になると訳もなくなにかとそわそわしてきます。

以前何かの会合でいっしょになった台北の某日系銀行の副支店長は、大晦日は紅白が始まる前にお風呂に入り、身を清めてからビール片手にテレビの前に座るなどと言っていました。

どこにいても日本人にとっては年始年末は物事の区切れ、そして紅白はその年の最後を奏でる神聖なエンディングテーマなのです。

今度は台湾がお正月
そしてその翌日1月1日は台湾でも祝日です。しかし次の日から平日に戻ります。ご存知のとおり台湾は旧暦で正月をお祝いします。

新暦の正月三が日、台湾で働く気がおきないのは日本人だけです。また日本関係の仕事をしている台湾人は、日本がお休みのため仕事になりません。

今度は台湾が旧正月にむけてそわそわしはじめる時期になりました。台湾をはじめ中華圏と仕事をされている皆さん、お仕事は前倒しでおすすめください。

旧正月中はオフィスはお休み、そして旧正月明けはボーナスを手にした若い台湾人の多くが転職を検討する時期になります。気づいたら担当者が変わってましたということもあります。

台湾で働こうかとお考えのあなたに


台湾(海外生活・情報) ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ