台湾基隆市になぜ岡山県人が住んでいるのか?

私は岡山県倉敷市出身で、2007年3月に岡山を離れ台湾の北東にある港町、基隆市に住んでいます。 台湾でのサラリーマン生活で感じた個人的な感想をブログで書かせていただいています。

Tag:空港

岡山と台湾に定期便就航
岡山と台湾との交流が大きな前進を遂げました。ご承知のとおり「エバー航空」が2013年4月3日~10月26日、台北-岡山線を定期運航を決めたと発表しました。
 
水曜、土曜の週2便で、台北を午前10時15分に出発、岡山着午後1時55分。折り返しの岡山発は水曜が午後4時15分、台北着同6時5分、土曜が同4時35分、台北着同6時25分となります。

現在との比較
現在僕は関西空港を経由して岡山台湾間を往復するのですが、朝8時すぎの台北発の飛行機に乗っても倉敷の実家入りするのは午後4時過ぎ。半日がかりです。

新しい定期便が就航すると、桃園空港へ向かう時間が約2時間ゆっくりできます。岡山空港から実家までそんなに遠くなく、実家到着もさらに1時間節約できます。ですので僕の場合合計約3時間の時間の短縮が図れます。

さらに現在関空~岡山倉敷市内間を、特急はるか・新幹線(自由席)・在来線を乗り継いでいるのですが、往復で15,000円(1人)かかってます。これを嫁と息子(4歳)と往復してますので合計3万円(6歳まで子供は無料)かかってます。これがいらなくなるのでお金もかなり節約できます。
 
関空経由より安くて時間短縮

高松便との比較
近隣の高松空港と台北を結ぶ便を台湾からの目線で比較してみます。

2013年3月に就航する台北高松便の場合、
毎週2便(木曜日曜日運航)で時間帯は以下のとおり。
CI178便 台北発15時15分/高松着18時50分
CI179便 高松発19時50分/台北着21時30分

台北出発は岡山便よりやや遅く、台北着は岡山便より遅いことがわかります。

しかし木曜→日曜でプランを考えた場合、週末を絡めて会社を2日しか休まなくてすむので、岡山便と比較すると高松便のほうが便利かもしれません。

それでも岡山ー香川高松間が約1時間という近距離だということを考えると、四国への台湾人旅行客も岡山空港を利用する可能性は高いと思われます。 

広島便との比較
台北広島便の場合(毎日)
CI112便 台北発16時55分/広島着20時05分
CI113便 広島発9時00分/台北着10時50分

台北出発はさらに遅く、台北着は早いことがわかります。

これですと行きの初日、帰りの最終日はほとんど観光できないので、岡山便を利用した岡山・広島観光を企画することで広島空港利用客を岡山側に呼び寄せることも可能かもしれません。

広島発が早いことから台湾に帰る台湾人観光客だけでなく、島根、鳥取といった山陰地方から台湾に向かう日本人客にとっても午後出発の岡山空港利用が便利です。

ますます期待が膨らむ岡山台湾定期便。あとは航空運賃が関空利用よりどれくらい高くなるかが心配です。

追記)2013年2月15日に台湾のエバー航空から正式なダイヤが発表されましたので、正しい時間に合わせて加筆変更をいたしました。

もっと岡山県を理解するための参考書籍 
このエントリーをはてなブックマークに追加

10月7日に8月の日本政府観光局(JNTO)の出入国統計が出ました。日本人の8月の出国者数は196万5,000人で前年同月比+10.0%、前々年同月比+19.7%でした。
2012年8月度日本人出国数

渡航先としては、台湾は130,982人で前年同月比+11.2%となっています。中国は358,600人で前年同比-1.4%と先月に続いて伸び率がマイナスになっています。

韓国もずっと春から伸び率が下降気味です。8月といえば10日に李明博大統領が韓国の現職大統領としては初めて竹島を訪問。15日に香港の「香港保釣行動委員会」のメンバーらが、尖閣諸島に対する中華圏の領有権を主張する目的で沖縄県尖閣諸島に上陸した事件がありました。
2012年8月日本人国別訪問先

訪日外国人
八月の訪日外国人ですが、77万5,900人で前年同月比こそ+42.0%ですが、前々年同月比では-3.3%となっています。これは昨年はまだ地震の影響で訪問客が少なかったため、それよりは増加したのでしょうが、地震前の前々年同月比では減少しています。
2012年8月訪日外国人


国別でみますと、台湾は12万6,800人で前年同月比+27.9%。中国は19万3,800人で前年同月比88.8%、韓国は20万2,000人で同+37.4%。しかしここには前々年のデータが載っていないので地震前と比べることができません。
国別訪問外国人数

台湾高松線が就航
2013年3月に台湾と高松に新たな航路が開かれます。高松の空港から岡山市内までは電車とリムジンバスを乗り継いで約1時間30分。費用はバス740円、電車1470円で合計2210円。

これを関西空港から岡山市内と比較すると、関空から新大阪まで特急はるか自由席、新大阪から岡山まで新幹線自由席で行くとなると、時間は約2時間、費用は7080円。時間的に30分早く、金銭的に4800円程度安くなります。

往復で費用が1万円近く変わってくることを考えるとやはり岡山県人としては高松空港の利用がより現実的に感じます。あとは飛行機代と出発到着の時間の設定次第です。少し岡山が近く感じるようになりましたね。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ