台湾基隆市になぜ岡山県人が住んでいるのか?

私は岡山県倉敷市出身で、2007年3月に岡山を離れ台湾の北東にある港町、基隆市に住んでいます。 台湾でのサラリーマン生活で感じた個人的な感想をブログで書かせていただいています。

Tag:岡山県

とある事情で最近まで中国人観光客を対象にした台湾資本のお土産屋で業務の手伝いをしていました。
 
その店は辺鄙な郊外の幹線道路沿いにあるにも関わらず、毎日10台くらいの観光バスが入れ替わり立ち代わり中国人を連れてきます。どんな仕組みで中国人を呼び寄せているのだろうと興味がわき、こっそりそのからくりを探ってみました。
 
キックバックでつながる旅行会社、ガイドとお店
キックバックでつながる観光業界
中国人観光客の財布の中のお金をいかに使わせるかが思案のしどころ
現状、中国人観光客は団体旅行主体なので、旅行会社のツアーコースにいかにお店を組み込んでもらうかが大きなポイントになります。

さらにはツアーを引率するガイドらをいかに取り込んでいくかもかなり重要。ガイドが事前に中国人観光客にうまくお店の商品について説明してもらうだけで、店の売上も全く変わってきます。

そのためには、店側は旅行会社やガイドに多大なキックバックを提示する必要があります。

さらには店側も中国人観光客にしっかり売る努力をしなければ、ガイドらはもっと中国人客が喜んでたくさん買い物をする他店に逃げていってしまいます。

ガイドも旅行会社もキックバックが大きい収入源になっているので、その辺はかなり敏感。

さらにお店側は、客が何も買わなくても店に連れて来たお礼を払う必要があったり、バスの運転手やらにも心づけを出す必要があります。

いろいろなキックバックや、集客にかかる費用を考えると、商品そのものの仕入原価はかなり低いのではないかと思われます。

でもそんなことは中国人観光客には知ったことではありません。来る日も来る日も中国人様はウン十万円もする商品を購入していきます。僕の心中はかなり複雑です。

増え続ける中国人観光客
激増する中国人観光客をいかにとりこむか?
激増する中国人観光客をいかにとりこむか?
報道によれば、日本を訪れる中国人観光客の数はうなぎのぼりのようです。2014年11月の訪日中国人観光客数は、前年同期比103.6%の増加で、他国観光客を圧倒しています。

また、2014年7月~9月期の消費額で見ると、中国人観光客一人当たりの平均消費額が23万6353円と、前年同期比18.7%も増えているようです。

免税制度も改正され、円安の追風にも乗り、今後さらに多くの中国人観光客が、日本で買い物をしていただけると思われます。
 
岡山県のとる道 ショッピングツーリズム
岡山城に中国人観光客があふれる日が果たしてくるのか?
岡山城に中国人観光客があふれる日が果たしてくるのか?
岡山県は日本初体験の海外観光客に対して、正直これといってガツンと来るコンテンツに決定的に欠けています。

新幹線や高速道路など交通網が非常に整備されていますが、皮肉なことに観光客を乗せたバスや電車はそのまま岡山を素通りされてしまいます。

そこで岡山に海外観光客に特化したお土産屋を集積したらどうかと考えます。

特に関西・四国・九州など西日本を大きくまわるツアーのなかに、岡山県でまとめて買い物ができるようスケジュールを組んでもらうのです。

中国人が好む電化製品、薬、化粧品を当然のこと、ブランド品やらはては美術品、貴金属にいたるまですべて免税で購入できるよう取り揃えます。

そしてこれら購入した商品は、お土産屋から直接空港、もしくは最終日に宿泊するホテルまで配送をします。

もちろんガイドさんや旅行会社にはそれはそれはたくさんたくさんキックバックをさしあげます

さらには中国に岡山県の出先をつくり、商品のアフターサービスを受け付けます。もちろんそこはさらに岡山県に観光客を集客させる拠点としての機能をもたせます。

とここまで妄想しましたが、問題は中国経済がとれだけもつかということです。構想から実際に運営まで数年、それまでに中国経済がこけてしまったら・・・・当然岡山県も道連れです。


あなたもいっしょに岡山県のために一肌脱ぎませんか?

これでいいのか岡山県 (日本の特別地域特別編集 42)

マイクロマガジン社
売り上げランキング: 109,753
このエントリーをはてなブックマークに追加

台湾人にはまだ岡山県の知名度がかなり低く感じます。岡山県出身ですと伝えても台湾人にはなかなかぴんと来ないようです。日本に行ったことがある人でも反応は変わりません。

「岡山県ってどんなところ?」と聞かれることも多いのですが、頑張ってどんなに説明しても、台湾人にはなかなか岡山県の魅力をわかってもらえません。

どんな岡山県紹介であれば台湾人の心にを揺さぶることができるのかというテーマで考えてみました。

岡山県の魅力とは?
岡山県の魅力とはなにか、まずはGoogle先生に聞いてみることにしました。検索で出てくるサイトの記事を参考にまとめてみると・・・
 
1.桃太郎の故郷、古代吉備文化発祥の地
2.フルーツがおいしい(白桃・マスカット・ピオーネなど)
3.晴れの日が多い(晴天率は全国一)
4.地震、大雪、洪水、渇水など自然災害が少ない
5.自然が豊か
6.交通が整備されており関西・四国などへのアクセスがよい
7.医療が進んでいる
といった感じです。

これらをどう組み合わせて話をすれば、台湾人に興味をもっていただけるのでしょう?

もう桃太郎では勝負しない 岡山県の新しいアピールとは
岡山台湾便が通年運航復活する日はあるのか?
岡山台湾便の通年運航は復活するのか?
次に岡山県をどのようにアピールしていけばいいかを考えてみます。

僕が開口一番で説明するのが「岡山県は桃太郎の故郷」ということなのですが、台湾人からは期待するほど関心をもっていただけません(ちなみに台湾人も桃太郎の話はよく知っています)。

ならばと美観地区やらフルーツネタで話を続けても、台湾人の関心は遠のくばかり。原因はいったいどこにあるのでしょう?台湾人の立場で考えてみることにします。
 
「岡山県ってどんなところ?」と質問をする台湾人には2タイプあると思われます。

1つは日本に関心はあるけれど、まだ日本に行ったことがない台湾人。

日本情報が氾濫する台湾で、大都会東京、古都京都、雪の北海道など日本を代表する観光地のイメージを漠然と持っているのがこのタイプ。また代表的な観光地の一部しか行ったことがない台湾人もこの範疇に入ります。

2つめはすでに日本に何度も旅行にいったことがある日本好きな台湾人。

昨今の円安で、また日本に旅行に来るリピーターも増えたと聞いております。もうすでに代表的な観光地に足を踏み入れ、彼らはなお新しい発見を求めて日本にやってきます。

 僕が振り返って考えるに、今まで僕が岡山県を紹介してきた台湾の皆さんは1.のタイプがほとんどだったと思います。

しかし「トーキョー・オンセン・ラーメン」といったステレオタイプ化した日本像にぞっこんの彼らに、そもそも「桃太郎の故郷・岡山」「白壁の街・倉敷」と説いても、関心を持たせることは至難です。

そこで1.のタイプへのアプローチは断念し、これから増えていくであろう2.のタイプに重点を絞った新しい紹介の仕方を模索してみることにしました。

また岡山県単独ではやはりパワー不足なので、近隣他府県の名前も入れてみます。

NHK式+ 心理学】一分で一生の信頼を勝ち取る法』で岡山県をアピールすると
最近本屋で『【NHK式+ 心理学】一分で一生の信頼を勝ち取る法』という本を手に入れました。短い間に相手にしっかり自分の言いたいことを伝え、信頼を得られるにはどうすればよいかについて、話法から仕草までしっかり説明されています。

この本では信頼を勝ち取る法則として、NHK式7つのルールというのが紹介されています。
●第1のルール――話す目的をハッキリさせる
●第2のルール――「13文字以内」でタイトルをつける
●第3のルール――結論は「最初の15秒」で言う
●第4のルール――「一文50文字以内」にする
●第5のルール――「4つの抑揚」で強調する
●第6のルール――「1分300文字」でゆっくり話す
●第7のルール――独り言から入る

ここで紹介されているNHKが長い年月をかけて研究した内容に沿って、日本観光リピーターの台湾人に対して岡山県のアピールをしてみます。

シチュエーション 
台湾人にどう言えば岡山県の良さをうまく伝えられるか?
日本に何度も行ったことがある日本好きな台湾人と知り合う。出身を聞かれ、「岡山県」だと答えたところ、その台湾人に「岡山県には行ったことがないんだけど、どんなところ?」と言われた後に続く1分間の岡山県紹介。

桃から生まれた桃太郎って知ってる?あの桃太郎の故郷が岡山なんです。
(独り言)

岡山は東京や大阪にはない日本の昔の原風景を見ることができる歴史の街です。なぜなら京都のように大規模に観光化されていないので昔のままの雰囲気が楽しめます。例えば田園地帯に点在する古代吉備国の古墳や寺社、天領だった倉敷に並ぶ白壁の屋敷や蔵などがあります。

岡山県は日本一晴れの日が多いので、安心して一日かけて自転車で回ることができます。
 
大阪や神戸に行ったら必ず寄ってみるべきところです。関西エリアから新幹線で約1時間と日帰りでも十分楽しめます。四国や広島にもアクセスが良いので、岡山を拠点に観光日程を組むことも可能です。他の人とは少し違う日本体験をしたい、日本観光中級者以上の方におすすめです。(本文)

むずかしい!!まだまだ考える必要がありそうです。

2回目の台湾旅行のお供に


台湾(海外生活・情報) ブログランキングへ   

上のリンクをぷちっと押していただくと大変励みになります。 
にほんブログ村 トラコミュ 台湾 / 中華民国へ
台湾 / 中華民国
このエントリーをはてなブックマークに追加

荷物一つで台湾に乗り込んだ7年前
2014年3月14日は僕にとって台湾移住7年という節目の日です。

7年前トランク一つで桃園空港に一人降り立ちました。今思えば男35歳で単身台湾に乗り込むなど世間知らずもいいところでした。

来たころは仕事も生活も苦戦続きで、故郷岡山にいつ帰ろうかと本気で考えた時期もありました。

台湾移住7年を記念して、台湾に来た当初から振り返って感じたことを7つ書いてみようと思います。

1.実はテレビをみなくても生きていけるとわかった
あなたは当然テレビがなくても生きていけますね?
7年前まだ30代だった僕の生活は、恥ずかしながらまだテレビが中心でした。
帰宅するとビール片手にバラエティ番組や野球中継を見ていました。

台湾に来たころは、テレビがリアルタイムで見れなくなることで話題にもついていけなくなるのではないかと少し気がかりでした。

しかし結局インターネットがあることもあり、そんな心配もまったく杞憂に終わりました。

2.日本の芸能界に疎くなった

テレビを見ないせいかそれともそういう年になったからかはわかりませんが、台湾で生活していると日本の芸能事情に全く疎くなりました。

流行のピークを過ぎてから小島よしおの「そんなの関係ねぇ」をテレビで目にした時は、なんだか世の中から置いてけぼりを食った感じがしました。

楽しんごにいたっては、ネットの記事しかみていなかったので、名前の読み方をずっと「らくしんご」と思い込んでいて恥をかきました。

3.インターネットサービスが本当に便利になった
スマホがあれば台湾でも生きていける
7年前すでにインターネットはありふれていましたが、まだまだ今ほどいろいろなサービスはありませんでした。

最近はスマホが普及し、特にLine(ライン)が出てきてからは、国際電話というものが意味がなくなってきた感があります。

今や台湾のどこにいても、ネットで日本の最新情報がわかったり、果てはフェイスブックで日本の友達がどこでご飯を食べたかさえ知ることができたりします。

もはや浦島太郎状態になることはありえません。

4.父母の老化を強く感じる
父母もいつまでも若くない
1年に1回、事情によって2年に1回しか故郷岡山に帰ることができないこともあり、なかなか父母と会う機会がありません。

それだけ期間が開くとどうしても父母の姿を見て「ああ、また老いたなぁ」と強く感じます。あと何回親に会えるのだろうとふと考えることもあります。

5.岡山に帰るのが便利になった
台湾便ができた岡山空港
7年前は中国地方で台湾便が飛んでいるのは広島だけでした。それが昨年(2013年)から岡山便や香川高松便が飛ぶようになりました。

岡山便はまだ季節便で冬は飛んでいませんが、それでも関空経由よりも早く岡山に帰ることができます。

まだ利用する機会はありませんが次回帰省する時は乗ってみようと思います。

6.日本と台湾の結びつきが強くなった
台湾ではたくさん日本人を見かけるようになりました
7年前台湾に移住することになったとき、周りの反応は「台湾ってどこ?台湾って何があるの?」など、まだまだ認知度はありませんでした。

新聞紙面は経済成長を続ける中国のことばかりで、台湾のことが報道されることもあまりありませんでした。

しかしあの東北の大震災で台湾から多額の義捐金が送られたことを契機に、台湾に対する注目度が大幅にアップしたことは皆さんもご存知の話です。

7.祖国日本・故郷岡山県が妙に気になる
やはり故郷岡山県が懐かしい
重苦しい日本、田舎過ぎる岡山県に嫌気がさして飛び出したはずなのに、大地震や不景気、そしてきな臭い国際関係で苦戦の日本、そして高齢の両親が住む岡山県が気になりはじめました。

このブログを書きはじめたのも、もっともっと自分が住む台湾と岡山県の結びつきが深まればと思ったのがきっかけでした。

しかし岡山で育ったにも関わらず、あまりにも岡山を知らないことに気がつきました。

今また岡山県について勉強中です。

台湾に長期滞在の皆さんは?
すでに私より台湾生活が長いベテラン・先輩方も非常に多いと聞きます。皆さんは日ごろどんなことをお感じでしょうか? 


もっと岡山県を知るための参考書籍 
台湾(海外生活・情報) ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

海外就職は出会いの宝庫
あなたも台湾で意外な出会いがあるかも
日本を離れ、台湾に移住して生活や就職するメリットはいろいろあります。
そのなかでも意外なメリットとして、お仕事を通じて日本では到底お会いする機会がない人と出会えることを強く感じます。

岡山県つながりで台湾で岡山県知事にも会った!
僕は台湾で岡山県人会にいれていただいています。これは岡山県にゆかりのある方々が集う飲み会です。参加者は岡山県出身者、または岡山県に住んでいたことがある、お仕事、留学などで台湾に滞在されている方です。

メンバーは日本でも超有名な会社の現地法人のトップや幹部であったり、台湾で会社を作られた方であったりといずれも立派な方ばかり。

そんななか僕のように台湾に流れてきた現地採用のおっさんでも気軽に話ができたりします。

果てはそのご縁で台湾に岡山県のプロモーションにきた岡山県知事一行とのパーティにも参加でき、当時の石井知事ともお話しをさせていただく機会がありました。

いきなり日系現地法人のトップに営業

台湾で働くメリットとは?
日系会社でも台湾にいる日本人は少ない
また台湾の日系会社は規模が案外小さく、営業やら仕事でお伺いすると、いきなり現地トップである日本の方が出てくるケースもよくあります。

仲良くさせていただいた日本からの駐在さんの中には、帰国したら本社の大幹部になられた方もいらっしゃいます。ただ残念なことにこれら駐在の方が帰国された後、またどこかでお会いできるチャンスはあまりありません。日本のビジネスマンは忙しいので仕方ありません。

2014年もご縁がありますように
台湾にくる日本人観光客は大変多いのですが、台湾在住をしている日本人で形成される日本人社会はまだまだ小さいです。そのぶん意外な出会いなど、普段ではありえないご縁をいただく機会も多いです。

2014年もいろいろな人とご縁があることをお祈りしております。今年こそこれを読んでいただいているあなたにもお会いできるかもしれません。そのときはどうかよろしくお願いいたします。 
台湾で就職をお考えのあなたに


台湾(海外生活・情報) ブログランキングへ   

上のリンクをぷちっと押していただくと大変励みになります。 
にほんブログ村 トラコミュ 台湾 / 中華民国へ
台湾 / 中華民国
このエントリーをはてなブックマークに追加

Googleは12月18日、2013年のGoogle検索ランキングを発表しました。そのなかで、47都道府県の県名と一緒に検索された急上昇キーワードも公開されました。

岩手県では「あまちゃん」が最も関連ワードで検索されたほか、広島は「カープ速報」、東京は「東京オリンピック」、埼玉は「貧乳」、滋賀は「オスプレイ」といったワードが並んだそうです。
ではわが故郷岡山県はどうだったのでしょう?

岡山でも台風関連が上位
2013年、「岡山」と一緒に検索された急上昇キーワードは、1位警報、2位皇太子、3位岡山市長選挙、4位台風情報、5位トミカ博だそうです。

日本全体の「話題のニュース」では「台風」が1位だったこともあり、岡山も他府県同様、台風関連のキーワードが上位でした。やはり住んでいる岡山は大丈夫なのか、明日は会社に行けるのかとみんな心配だったのでしょう。

日本一楽観な岡山県人 異常気象に命の危険までは感じない人が約9割

その一方で昨今世界で続く異常気象で命の危険を感じた人が日本で最も少なかったのが岡山県。88.3%の岡山県人が今年の異常な気象現象でも命の危険を1回も感じていなかったようです。

東日本大震災の発生後、「災害が少ない」との理由で県外から岡山への移住者が急増し、東京では大規模な「定住フェア」なども開催されたと聞きます。岡山県の良さはこうしたところにあるのかもしれません。

岡山にいると岡山の良さがわからない 
僕は平々凡々で田舎くさい岡山県が嫌で高校卒業後すぐに岡山を離れ、今は台湾に住んでいます。高温多湿な台湾でようやく「晴れの国岡山」の良さを知り、震災直後岡山の実家から「岡山は大丈夫よ」との連絡を聞き、いつも平穏な岡山のありがたさを感じました。

きたる2014年も両親が住む岡山県が平々凡々であることを強く願ってなりません。

もっと岡山県を知るための参考書籍 
台湾(海外生活・情報) ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ