台湾基隆市になぜ岡山県人が住んでいるのか?

私は岡山県倉敷市出身で、2007年3月に岡山を離れ台湾の北東にある港町、基隆市に住んでいます。 台湾でのサラリーマン生活で感じた個人的な感想をブログで書かせていただいています。

Tag:夜市

これは台湾でも有名な栄養ドリンクのコマーシャルです。
台湾のお客さんの要求はとどまることを知らない

台湾の飲食店では、このコマーシャルのようにお客が料理の味付けなどに非常に細かく注文を出すシーンによく出くわします。

例えば「たまねぎ抜いて」「氷抜いて」「味薄め」「こしょう抜いて」とかいった感じです。

気が弱く、妙に相手の反応を気にする僕にはさすがにそんな無茶は言えません。それどころか「僕のは適当にやっていただいて結構です」なんて、客の立場を離れて変な気遣いをしてしまいがちです、

しかし台湾人は容赦はありません。長蛇の列ができているときも、台湾人は自分の希望する味付けをどんどん要求してます。

どんくさい僕が店の老板(らおばん/オーナー社長)なら、耐え切れず早々に土下座して「すいませんそんなにたくさん覚え切れません」と謝ってしまうことでしょう。

台湾人恐るべし。

あなたも一緒に台湾を見に行きませんか 
駅からあるく♪ 週末台湾
SE編集部
翔泳社
売り上げランキング: 25,607
このエントリーをはてなブックマークに追加

基隆の夜市で活躍中のインド系の方
台湾好きなあなたは夜市に行きましたか?

夜市でモノを売っているのは台湾人ばかりではありません。インド人やトルコ人も頑張ってます。

基隆の廟口夜市ではインド系の方がインド主食のナンらしきものを売っています。お客がものめずらしげに集まると、ナンを高く上へ投げるパフォーマンスなどを見せてくれます。

他の夜市では、よくトルコ人がトルコ式アイスクリームを売っているのを見かけます。最近とある夜市で、アイスクリームを売って活躍するトルコ人が名誉毀損で台湾人に訴えられるという奇妙な出来事が起きました。

トルコ人の売るトルコ式アイスというのは、単にアイスがコーンカップの上に乗っているだけのモノです。しかし夜市でアイスを売るスタイルは少し独特です。できたアイスを先端がY字型になった棒でひっかけてお客さんに渡すのですが、お客が手に取ろうとするとひょいとアイスをひっくりかえしたり、遠くへやったりと棒を自由自在に操ってお客さんになかなかアイスがとれないようにして、周囲を笑わせるパフォーマンスをするのです。台湾の夜市で見かけるトルコ式アイスクリーム売り

普通は周囲も当のアイス購入者も笑って終わりなのですが、このたびの当事者である台湾人は、馬鹿にされたと思って名誉毀損で訴えたというのです。

ともかく台湾のどの夜市(大きめのところ)でも、不思議とインド人やトルコ人が同じような商品を販売しています。ネットワーク化されているのではないかと感じてしまいます。
 
これを見て、僕が学生で日本にいたころ、比較的大きな街の繁華街(岡山市内だったはず)の路上でイスラエル人が銀のアクセサリーを売っていたのを思い出しました。

彼らは日本語がわかるからあまりイスラエルの悪口をいうな、モサドの諜報員かもしれない、なんてしたり顔でいう同級生もいてちょっと怖かった記憶があります。でも台湾にはイスラエル人らしき露天商は不思議とみません。

もしかすると名誉毀損で訴えられたトルコ人も実は本国から派遣された諜報員かもしれませんよ!
このエントリーをはてなブックマークに追加

岡山名物フルーツパフェ私は台湾に5年いますが、台湾で岡山県の認知度はまだまだ低いと感じます。台湾の方に出身地が岡山県といっても、多くの方がご存知ないようです。

台湾で岡山というと、高雄にある岡山のイメージが強いようで、Yahoo奇摩で岡山と検索しても台湾の岡山の情報が多く表示されます。

このため岡山県への台湾人観光客を増やすためにもまず岡山県をまず知ってもらう必要があると感じます。

私はここでもっと知名度が上がる方法として、台湾の夜市で岡山キャンペーンを実施してはどうかと提案します。

現在多くの都道府県が台湾の日系百貨店では日本の都道府県がよく物産展を開催しています。しかし他の都道府県とやり方が横並びであれば、台湾人に対してそれほど印象が残るとは思えません。

その点台湾の夜市は、いまだ他の都道府県がキャンペーンなど実施したことがない(はず?)のでインパクトは大変大きいはず。

台湾夜市は台湾各地に点在し、国内外の観光客だけではなく、地元の台湾人も多く集まります。認知度向上を図るならここほど良い場所はありません。費用も百貨店で物産展を開くより安くすむことが可能です。

私のプランは以下のとおり。
期間:夏限定(8月)
開催場所:台北士林夜市、台北饒河街観光夜市、台中逢甲夜市、高雄六合夜市・・・
販売商品 岡山特産のフルーツでつくったパフェ

検疫や夜市の場所確保の問題等クリアするべき問題は山積ですが、台湾在住の岡山県人として、岡山の知名度があがるとともに、台湾で岡山のフルーツが食べられるようになれば幸いです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ