台湾基隆市になぜ岡山県人が住んでいるのか?

私は岡山県倉敷市出身で、2007年3月に岡山を離れ台湾の北東にある港町、基隆市に住んでいます。 台湾でのサラリーマン生活で感じた個人的な感想をブログで書かせていただいています。

Tag:外国人

忘れたころにやってくる外国人居留証の延長(写真は基隆の移民局)
日本の商品、アニメ、音楽が氾濫する台湾で生活していると、外国にいるという感覚が非常に薄れてきます。

日本語が話せる人も多くいることもあり、海外では一番日本に近いと感じます。

ただ忘れたころにやってくる外国人居留証の更新通知を手にすると、ふと我に返ってしまいます。

基隆の移民局は東南アジアの人ばかり
先日僕が住む台湾の基隆で、数年ぶりに居留証の延長申請に行ってきました。

手続きを行う基隆の移民局オフィスは、基隆市政府(市役所)の斜め向かいにあります。僕が訪れたときはオフィスは東南アジアや中国人ばかり。しかも女性ばかり。たぶん台湾人に嫁いだ人ばかりなのでしょう。

あたりを見渡しても白人は一人もいません。日本人はどうやら僕一人。聞くと戦前は日本人が非常に多かった基隆ですが、今は市内でも数えるくらいしかいないようです。

 移民局の係員は中国語でしか対応してもらえないようです。ですからこのオフィスには日替わりでインドネシアやフィリピン、ベトナムの言葉ができる通訳ボランティアを置いています。
通訳は東南アジアの方専用
基隆の移民局にあった通訳の出勤表 東南アジアの言語ばかり。
基隆のオフィスには日本語が話せる人はいないようでした。台北なら日本人が非常に多いので状況は異なると思います。

移民局の係員は大変フレンドリーで、どの外国人に対しても高慢な態度をとるような人はお見受けしませんでした。

長い順番を待っていると、突然移民局の決定に不満があったのか、大声をあげて闖入してきたベトナム人がいました。日本なら「別室にどうぞ」と裏でなだめたりすかしたりしそうな事態です。

しかしここではみんながいる目の前で、係員が優しく説明をしていました。なにやらクリーンな感じがします。ただその分処理が遅くなるので、待ち時間がかなり長くなってしまいました。

さらに台湾らしいところといえば、申請書の記載に書き間違いがあっても、修正テープで直しても差し支えないということです。日本なら少なくとも二重線に修正印、最悪書き直しになってもおかしくはありません。

毎週日曜日台北駅に集結する外国人
毎週日曜日、台北駅に集結する外国人 東南アジアからきた外国人でいっぱい

永久居留証の要件とは?
ようやく僕の番がきました。

台湾人と結婚して配偶者ビザを持っている場合、延長には現在の居留証、台湾の戸籍謄本、パスポートが必要です。

手続き自体は非常に簡単。係員に言えば新しい居留証を自宅まで書留で送ってくれるので、2度も足を運ぶ必要はありません。

また毎回の更新が不要な永久居留証なるものもあります。
説明によれば、普通の外国人は
1.台湾で連続5年間合法に居留していること
2.かつ1年のうち183日以上台湾に在留していること
という条件がそろっていればその後2年の間に申請が可能

また僕のように台湾人の配偶者の場合
1.台湾に10年以上合法に居留していること
2.そのうち5年は毎年183日以上台湾に在留していること
という条件がそろっていればその後2年の間に申請が可能
となっているようです。

普通に居留証の延長をした場合、1年あたり1000元の費用が発生します。永久居留証の場合、1回限りで手数料は10,000元。今後さらに10年以上住むなら元は取れます。

しかし、入出国の証明書や、個人の財産証明、無犯罪証明など必要な書類がたくさんあったり、面接まであったりするのでかなり面倒。

ということで僕は申請する気持ちは萎えました。

ガイコク人になってみると外国人の気持ちがわかる!?
日本にいるとなかなか外国人のこうした手続きについて知る機会はそうそうありません。日本は日本のルールがあるので台湾の場合とはかなり異なるとは思いますが、なにかと面倒なことであることは変わりません。

また申請書や掲示物などすべて現地の言葉で書かれているより、自国の言葉で書かれてあるほうがなんとなく安心します。

日本にいるときはまったくそんなこと知ったり考えたことはありませんでした。近頃日本でも在日外国人の問題がよく報道されています。以前まで自分自身のなかで、「日本にいるのなら日本のルールを守れ。日本にいるのなら日本語を理解して」なんて傲慢なことを薄っすら考えていたこともありました。

しかし自分自身が外国人の経験をしてその立場に立ってみることで、日本にいる外国人の気持ちが少しではありますがわかるような気がしました。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

台湾でみた奇妙な外国人
台湾でも比較的都市部で生活しているせいか外国人に出会う機会が多いように感じます。

僕は昔から「外国人」というものに大変興味がありました。初めて一人で東京に遊びに行ったときは、何はさておき当時イラン人が大集結した上野公園にいくくらいでした。

台湾に来て自分自身外国人と呼ばれるようになった今でも外国人に対する興味は失せません。今日は台湾で印象に残った7組の外国人を紹介してみます。

1.台湾人に嫁いだかわいそうなベトナム人
昔住んでいたアパートの1階に台湾人に嫁いだベトナム女性がいました。小柄で若くかわいらしい女性でした。

しかし気性が非常に荒いようで毎日大声で双子の子供をなまりのある中国語で叱っている声が聞こえてきました。

聞けばどうも貧しい地域から半ば売られてきたような感じでした。ただこの台湾人の夫が全く働かず、この女性が怒って家を飛び出したこともあったようでした。

人づてでしか聞いていないので、どこまで本当かはわかりません。それにしても悲しい話です。

2.夜市でアイスクリームを売るトルコ人
台湾の夜市で大活躍のトルコ人
台湾の夜市でよく見かけるアイスクリームを売るトルコ人
台湾の夜市ではよくトルコ人がアイスクリームを売っています。基隆の廟口夜市や台北の士林夜市でも見かけました。ただ販売するときの「悪戯」が度が過ぎて、台湾人に訴えられるケースもあったとか。


3.店先で「バッテリ、バッテリ」と叫んで買い物をするインド人
IT関係だと思われるインド人も台湾にちらほら見かけます。

あるとき台北のコンビニで、いきなりインド人が入店するや大声で「バッテリ、バッテリ」と叫び始めました。僕を含む周囲はなんのことやらわからず唖然。

ちょっと間があって店員が「バッテリ=電池」とわかり、そのインド人は店員が差し出した電池を手に取りお金を払って帰って行きました。

たとえ外国語がわからなくとも、度胸さえあれば買い物はできるんだと妙に感心してしまいました。

4.味噌汁を売っている屋台で出くわしたフィリピン人「ミソシル一個」
店員の耳が遠いのか、僕の発音が悪いのか、近所の味噌汁屋で「味噌汁(ウェイゾンタン)ください」と何度も中国語で注文しても毎回わかってもらえません。

台湾にもう数年も住んでいながらこんな簡単な単語さえうまく発音できないのかと自信を失っていました。

ところがある日、フィリピン系と思われる中年の女性が味噌汁を注文するとき、なんと「ミソシル1個」と怒鳴るのを聞きました。するとこの屋台の店員はそれを聞き返すことなく、すぐにミソシルが出てきたのです。

台湾では中国語でなければ・・と思っていた固定観念が一気に飛び散った瞬間でした。

5.イヤホンをつけながら老人介護する東南アジア人
台湾には東南アジアから大量の出稼ぎ労働者がきています。そのなかでも僕がよく見かけるのが老人介護をする外人。天気の良い朝などには車椅子に乗った台湾人のお年寄りを後ろから押している風景をよく見ます。

ただいつも気になるのが、彼らは耳にイヤホンをつけながら世話をしていることです。まだ第三者が老人に立ち会っているとき、はたしてその介護の外人がそれでもイヤホンをつけているかどうかはみたことがありません。それにしても日本的感覚で言うとこれは解雇ものでしょう。

6.イルカショーに出演するコミカルでマッチョな欧米人
台湾でみた奇妙な外国人
台湾の観光地「野柳」で海水パンツ1枚で頑張る白人
台湾北海岸の景勝地、野柳は風化や海により浸食されてできた奇岩が並ぶことで有名です。

その駐車場に大きなコロシアムが建っており、中で毎日イルカショーをしているのをご存知でしょうか?ショータイムは1時間と短いにも関わらず、入場料は高く日本円で1000円を越えます。

ショーは3部構成で1部と3部は普通のイルカショーなのですが、第2部は白人男性によるコミカルショーをやってます。

たいそうなことをしているわけではなく、何度も何度も高いところから飛び降りを繰り返すだけ。これで入場料の半分をこの欧米人がもらっているとするとイルカがかわいそうです。

7.台湾人の結婚式でビールの一気飲みで盛り上がる日本人
やはり日本人はどこへ行っても一気飲みか?
日本人はやはり一気飲みしか芸はないのか?
最後はわれらが同胞、日本人。台湾人の結婚式で、ここ1年のうちに2回面識のない日本人グループといっしょになりました。

どうも新郎新婦のいずれかが台湾の日系企業に在籍していた関係で、その同僚・上司である日本人も参加したりみんなの前でスピーチしたりしたようです。

スピーチは2回とも主賓の日本人上司が中国語が話せないので通訳を介していました。そのうち日本でも有名な広告会社の方は、なぜか格好よく英語でスピーチされてました。

それはさておき、ともに日本人がいるテーブルはビールの一気飲み大会で盛り上がっていました。他のテーブルは普通に歓談しているだけなので、一気の馬鹿騒ぎはいやが応にも耳に入ってきます。

言葉が通じないだけに、こうした努力で場を盛り上げているのかと理解しておきました。

台湾にいるあなたの身近でおもしろい外国人がいたら教えてください。

2回目の台湾旅行のお供に


台湾(海外生活・情報) ブログランキングへ   

上のリンクをぷちっと押していただくと大変励みになります。 
にほんブログ村 トラコミュ 台湾 / 中華民国へ
台湾 / 中華民国
このエントリーをはてなブックマークに追加

死ぬなら岡山県じゃ
ここ最近の円安の影響で、外国人観光客が過去最高人数を記録したようです。日本政府観光局(JNTO)が発表した統計によれば、2013年4月に日本を訪れた外国人観光客は昨年の同月に比べ18.1%増えた92万3000人に達しました。きっと各都道府県、外国人観光客誘致合戦が熾烈を極めていると思われます。

地理的に広島や大阪、神戸など強豪がひしめく岡山県が、単独で外国人観光客を呼ぶのはやはり至難の業です。「岡山県でなければならない」強力なキラーコンテンツがやはり見つからないからです。

そこで今回僕は「老後はやっぱり岡山じゃ!世界の病人・老人タウン岡山構想」を提案します。岡山を海外からの医療ツーリズムのメッカにするのです。

ターゲットは「健康に関心のある国内外のお金持ちの病人・老人」で、高度な医療技術と日本的なおもてなしで散財してもらおうというのがミソです。  

日本の「医療ツーリズム」はまだ低調のようで、2011年に発給された医療滞在ビザは70件、海外からの受け入れ患者数は2011年4~11月で約1日1件だったようです。ちなみに2010年にタイは年間150万人を受け入れたとのことでその落差はあまりに大きいです。

国内に競合が少ないと思われるだけに、今がチャンス。他都道府県にはないキラーコンテンツになること請け合いです。

現に倉敷中央病院に元台湾総統李登輝が心臓病の治療にわざわざ来た実績もあります。他の普通の金持ちも病気が治るなら喜んで押し寄せます。

具体的にどのようにすすめていくべきか、素人が適当に考えてみました。

1)世界最先端の医療機関を誘致するために
岡山県にある医療機関、医療法人に対する税金は無しにします。また医療関係・介護関係の会社も法人税を超格安にして、岡山に医療介護関係の会社を集積させます。

2)世界から病人・老人を呼ぶために
居住地を岡山県に限定して、医療滞在ビザ申請要件を緩和します。また症状がすすんだ末期の病人も引き受けて、岡山で有意義な最期を迎えていただきます。病気などなくても、高齢の方ならロングステイビザを発給します。

3)安定したマンパワーを供給するために

世界から人を呼ぶとなると、医療機関にも外国語を話す人材が必要になります。そこで医師・看護婦は世界各地から有資格者を集めます。日本の医療資格は必要としません。岡山在住に限定して労働ビザの条件を緩和します。また、日常の世話をする家政婦として、東南アジアなどから単純労働者の受入も実施します。

4)病人・老人にやさしい生活を提供するために

今頃は医療機関にも多くITが活用されています。これを老人や病人の一般生活まで広げて、PCやスマホ、タブレット等の情報端末で岡山滞在生活が滞りなく暮らせるようにします。そのためにももっと高速のインターネットや無線Lanを拡充させます。

老人向けのサービス産業も多く参入していただければ、岡山県の雇用もばっちりです。

シンガポールは魅力的な経済環境で多くの外国人投資家や起業家が集まると聞きます。岡山県はその安定した気候(晴れの国岡山)と高度な医療技術や介護サービスの集積で、世界の大金持ちを呼ぶのです。投資するならシンガポール、老後はやっぱり岡山・・・・というのはどうですか?

岡山県をより深く研究するための関連書籍
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

カラスの多さに驚く2013年5月の末に、仕事の都合で台湾から日本へ一泊二日の弾丸出張しました。ひさびさに日本に来て、感じたことを書いてみます。

1.ホテルのトイレの汚物入れが小さく感じる

ホテルに到着してまもなくお腹が痛くなり、トイレにこもりました。台湾では紙を流すことができないので汚物入れ(ゴミ箱)にいれます。

日本ではそのまま流すので、ゴミ箱はそんなに重要ではありません(男性の場合)。

そのせいか日本のゴミ箱は、台湾に比べかなり小さく見えました。

2.カラスが多い
朝で人気もまばらなせいか、カラスが道端のゴミをまとめているところにたくさんたかっているのを見ました。あまりに数が多いのでかなり恐怖を感じました。

カラスのせいかはわかりませんが、道にたくさんゴミが落ちているのも意外に感じました。

3.酒、タバコが買いづらい
あるコンビニでビールを買おうとしたら、タッチパネルで20歳以上という欄をタッチするよういわれました。お店側も20歳未満には販売していないという防衛策と思われます。管理が厳しくなったという印象をいだきました。

またタバコの値段をみると、その暴騰ぶりに驚愕しました。どの銘柄も400円以上。まだ日本にいた6,7年前は確か220円くらいだったと記憶しています。こんな高いタバコを誰が吸うのかと思いました。
高すぎるタバコ

4.コンビニのレシートが大切にされていない
コンビニやドラッグストアのレジの近くにレシートを捨てるかごが置いてあります。観察していると多くの人がレシートを持ち帰らずそのかごに入れるか、外に捨てているようです。

ご存知のとおり台湾ではレシートにくじがついているのでこんな風景はあまり見ません。

またコンビニで商品を買うと、レジのお兄さんが袋をすすめてきました。台湾では全て有料なのですが、日本では無料だと思い出したので即座にもらいました。

6.朝なのに酔っ払いがいる
朝5時頃京都の繁華街を歩いていると、平日にも関わらず若い酔っ払いが大声で騒いでいました。

日本では駅や電車のなかで、ぐでんぐでんになった酔っ払いが騒いだり倒れていたりしますが、台湾ではほとんど目にすることはありません(場所によるとおもいますが)

台湾からきた観光客も私と同じように感じているのではないでしょうか? 

日本に外国人観光客を呼ぶ方法を考える参考書籍
このエントリーをはてなブックマークに追加

基隆の夜市で活躍中のインド系の方
台湾好きなあなたは夜市に行きましたか?

夜市でモノを売っているのは台湾人ばかりではありません。インド人やトルコ人も頑張ってます。

基隆の廟口夜市ではインド系の方がインド主食のナンらしきものを売っています。お客がものめずらしげに集まると、ナンを高く上へ投げるパフォーマンスなどを見せてくれます。

他の夜市では、よくトルコ人がトルコ式アイスクリームを売っているのを見かけます。最近とある夜市で、アイスクリームを売って活躍するトルコ人が名誉毀損で台湾人に訴えられるという奇妙な出来事が起きました。

トルコ人の売るトルコ式アイスというのは、単にアイスがコーンカップの上に乗っているだけのモノです。しかし夜市でアイスを売るスタイルは少し独特です。できたアイスを先端がY字型になった棒でひっかけてお客さんに渡すのですが、お客が手に取ろうとするとひょいとアイスをひっくりかえしたり、遠くへやったりと棒を自由自在に操ってお客さんになかなかアイスがとれないようにして、周囲を笑わせるパフォーマンスをするのです。台湾の夜市で見かけるトルコ式アイスクリーム売り

普通は周囲も当のアイス購入者も笑って終わりなのですが、このたびの当事者である台湾人は、馬鹿にされたと思って名誉毀損で訴えたというのです。

ともかく台湾のどの夜市(大きめのところ)でも、不思議とインド人やトルコ人が同じような商品を販売しています。ネットワーク化されているのではないかと感じてしまいます。
 
これを見て、僕が学生で日本にいたころ、比較的大きな街の繁華街(岡山市内だったはず)の路上でイスラエル人が銀のアクセサリーを売っていたのを思い出しました。

彼らは日本語がわかるからあまりイスラエルの悪口をいうな、モサドの諜報員かもしれない、なんてしたり顔でいう同級生もいてちょっと怖かった記憶があります。でも台湾にはイスラエル人らしき露天商は不思議とみません。

もしかすると名誉毀損で訴えられたトルコ人も実は本国から派遣された諜報員かもしれませんよ!
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ