台湾基隆市になぜ岡山県人が住んでいるのか?

私は岡山県倉敷市出身で、2007年3月に岡山を離れ台湾の北東にある港町、基隆市に住んでいます。 台湾でのサラリーマン生活で感じた個人的な感想をブログで書かせていただいています。

Tag:国際結婚

あなたは中国語で息子の宿題が見れますか?
あなたは中国語で息子の宿題をみることができますか?
先日日本で衝撃をもって報道された川崎での13才の男の子が殺害された事件。殺人容疑で逮捕されたグループが「ハーフ軍団」と呼ばれていたことを知り、僕も台湾人とのハーフの子供を持つ親として関心を持たざるを得ません。

ネットで以下のブログを読む機会がありました。
川崎での事件を機に-日本語が”できる”外国につながる子どもたち(すでにブログは見当たらず)。
 NPO法人青少年自立援助センター/多文化子ども・若者日本語教室・田中宝紀-IKI TANAKA

この記事によれば
殺人をおかした事が事実だとしたら、それは決して許されることではないという前提で、

この事件の背景にある、外国につながる子ども(日本国籍/外国籍に関わらず保護者のいずれか、または両方が外国出身者の子ども等)が日本の日常生活で体験する困難を紹介しています。

特に
「日本語の日常会話に不自由しない外国につながる子ども」が、日本社会の中でどのような困難を抱えやすいのか、それはなぜなのか、ということについては様々な要因が重なり合う部分でもあり、簡単には理解を得られない。だからこそ困難である、と言える状況です。

というくだりは大変考えさせられました。

あなたは中国語でそろばんを教えることができますか?
子どもの学習環境に果たす家庭の役割は非常に重要
子どもの学習環境に果たす家庭の役割は非常に重要
子供の学校生活において、家庭の果たす割合は非常に大きいです。勉強ひとつとっても、このご時勢、学校での授業だけでついていくのはどうしても難しいです。

たとえば宿題。宿題には学力向上とともに勉強の習慣を身に着ける意味もあります。そんなとき鍵を握るのが家庭のバックアップ。

台湾でもお母さんが外国人(特に東南アジアや中国)といったケースをよく見ます。もちろん日常生活に使う中国語こそ問題はないと思われます。しかし子供が何を勉強していて、宿題の内容について子供の質問にどれだけ答えられるかは疑問です。

僕も息子が幼稚園でそろばんを勉強しているのですが、中国語で説明するのは非常に難しい。ましてや中国語の注音記号や、台湾語の読み方など聞かれてもさっぱりお手上げです。

あなたは学校からの連絡簿の内容がわかりますか?
連絡簿は学校と家庭を結ぶライフライン
連絡簿は学校と家庭を結ぶライフライン
また現在の台湾の学校生活、教育システムがかつて自分が日本で受けたものと同じなのか、なんともよくわかりかねることに非常に不安を感じます。

学校が出す連絡帳を見ても、30数年前の自分自身の日本の学校生活に照らして、たぶんこういうことをいってきているのだろうと類推するしかないこともあります。

ただこの類推にしくじると、子供が学校で嫌な思いをすることになります。これを繰り返せば子供には「できない子」「おかしい子」というレッテルが知らず知らずのうちに貼られてしまうことは容易に想像できます。

現在の子どもの教育環境を理解しようとしても、台湾と日本との違い、そして時代の変化に伴う教育内容の変化といったことが合わさって、自分自身の類推にまったく自信がもてません。

まわりに同じような境遇の親(僕の例では台湾人と結婚した日本人)がいれば相談もできるのですが、基隆という日本人が極端に少ない地域にいるためそれもかないません。

もし日本で生活していたら?
外国人には厳しい?日本の学校生活
外国人には厳しい?日本の学校生活
まだ台湾にいて、台湾人の嫁が教えることができるからさしあたって問題は起こっていません。

ただもし日本にいたらどうなっていただろうなんて考えると少し怖い思いがします。日本で台湾人の嫁が日本語で勉強を教えることになっていたら、嫁も子供も大変苦労しているに違いありません。当然僕も手伝いますが、日本で働く限り残業は免れず、結局教育は嫁にまかせっきりになることは容易に想像できます。

そうなればこのブログにあるとおり、行ったことがない日本の学校事情を手探りで知るしかない外国人の嫁の負担は非常に大きいことが予想されます。また起こりうる数々の誤解から、子供自身周りから「おかしい子」「できない子」なんてレッテルを貼られることは容易に想像できます。

最近は日本と台湾の交流が深まり、日台カップルも増加していると聞きます。いずれできるであろう子供の将来、そして教育の問題についてもよく考えておきたい、川崎の事件の背景を知り、そう思った次第です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

台湾で国際結婚する前に
最近台湾に移住しようとお考えの方が非常に多いと聞きます。なかには僕のように台湾の女性に目がくらみ、そのまま台湾に転がり込むようなケースもあるのではないでしょうか?

そんな日本人男性のあなたに、僕の経験を振り返り、台湾で結婚・子育てをするとどんなことがおこるかご紹介したいと思います。

1.子供を叱るときに言葉に詰まる
日本語で思うがままに叱りたい
日本語だったらきちんと叱れるのに・・・
子供がある程度大きくなると、子供を叱ることが多くなります。

ダメとかいった簡単な日本語ならいいのですが、教え諭す場合、日本語で諭しても子供はなかなか理解できないと思います。

結局中国語になりますが、自分がうまく説明できないもどかしさに無性に腹がたちます。

ましてや自分の息子が遊んでいて、よその台湾人の子供とトラブルになったりすると、仲裁には高度な中国語が求められます。

子供が公園とかで他の知らない子供と遊んでいると、少し気が気でなりません。

2.きちんとした日本語を話さないとまねをされる
子供はすぐまねをする
子供はすぐに親の真似をするから気が抜けない
いつも子供に日本語を話していると、いつの間にか子供も少しずつ日本語を覚えていきます。

僕がこんなに中国語が四苦八苦なのに、耳だけで日本語を習得していく子供の能力には非常に驚かされます。

しかし問題は子供が日本語を習得する見本はどうしても日本人である父親になるので、下手なことを話すとすぐ真似をされます。

僕が一番びっくりしたのは、早くいっしょに外に遊びにいきたい息子に突然次のように言われたことです。

「パパ、テレビ消せぇ!電気消せぇ!早くせぇ!」

これらは僕が毎朝学校に行く息子に言っている言葉です。当然息子にはニュアンスなど全然わからず、ただ意味だけ理解していたのだと思われます。

子供と日本語で話すときは、注意深く言葉を選んで正しく話をしないとすべてコピーされます。

3.子供
が正しく話しているのかわからない 
自分の聞き取りに問題があるのか?
自分の聞き取りに問題があるのか、子供の表現能力に問題があるのか
3歳をこえると子供の中国語は飛躍的にうまくなり、いつの間にか父親の中国語能力を超えて行きます。

父親として子供との会話を大切にしたいので、大学のリスニングの授業なみに全身全霊で子供の言葉に耳を傾けます。

しかし 時に子供が言っていることがわからないことがあります。そこで悲しんではいけません。実は小さい子供だけに案外でたらめなことをいっているケースも多いのです。

台湾人の嫁も子供の話を聞いて「それはどういう 意味?」なんてしょっちゅう言っています。

ただ自分の聞き取りが劣っているのか、息子の表現力に問題があるのかの線引きが非常にむずかしいところです。 

4.子供の病状を伝えるのが大変
いい間違いは命取り
中国語で子供の症状を伝えるのは、中国語に自信がないせいか
なかなか緊張します
子供が病院にかかるときは、医者に正確に症状を伝えなければ大変なことになります。医者からの質問も正しく理解しなければなりません。

僕の場合、あまりの会話のぎこちなさに心配したのか、息子が自分で医者に受け答えすることもありました。

また結婚式に参加中、息子ののどに食べ物がひっかかって大変なことがありました。

ちょうど嫁が席をはずしていたため、僕が周囲に中国語で状況を伝えましたが理解されず、かなりうろたえてしまいました。

5.学校の状況を理解するのが大変
学校の状況は台湾人の嫁に任せたほうがよいかも
台湾では父親の日本での幼稚園経験は役に立たない
息子はすでに幼稚園に通っていますが、教材をみてびっくり。35年前に僕が日本で通っていた状況とは大違い。

ごく普通のそこら辺の現地学校に通っていますが、英語からそろばん、そして台湾語まで勉強しています。

また僕が中学校で見たような漢詩までそらんじているのには驚きました。

さらに台湾の発音記号であるポポモホの勉強も始まっていて、僕にはまったくわかりません。

やはり学校関係は台湾人の嫁に任せるしかないようです。

6.子供の名前をどうするか?
自分の日本の苗字を継がせたい
台湾にいようと子供には日本の苗字を継がせたい
親と同じ日本の苗字をつけたいところですが、台湾では、台湾にはない苗字はつけられないようです。

僕の苗字「朝倉」でも役所で揉めて、姓を「朝」とすることで決着しました。台湾では「朝」という苗字はあるようです。

嫁の姓を名乗るという方法もありますが、僕は日本の名前を忘れてしまうのではないかと思い止めました。

かといって一見して日本人とわかる名前も異国では危険なのかと悩むところです。

7.日本を正しく教えることができるのはあなただけ
 
子供に日本を伝えるのはあなたの任務
子供に日本を伝えるのはあなたの任務
台湾に生活していると、日本の情報がたくさん出回っているので全く日本から断絶している気はおきません。

日本に行った事がある台湾人も多く、みなさん日本のことをよく知っています。

ただ子供の立場で考えると、1年のうちほとんどを台湾で過ごしているので本当の日本を実感する機会はありません。

子供は日本名で通しているだけに、いつの日か周りから「日本人なのに・・・」とギャップを指摘され悩むことがでてくるでしょう。

日本語は当然のこと、日本の生活習慣、考え方、常識というあたりを教えるのは、さすがに日本滞在が少ない台湾人の嫁に任せることはできません。

こればかりは子供が知らず知らずに台湾で習得するには無理があります。正しい日本を子供に伝えるのは日本人である私たちの役割です。

トイレにひらがな50音表と、九九、そして日本地図を貼るところからはじめてみましょう。 

何はともあれ、親子の絆を固くするためにもコミュニケーションは不可欠です。自分自身の中国語をスキルアップするとともに、こどもにもしっかり日本語を教えましょう。

台湾におもしろい旅行にいこうとお考えのあなたに


台湾(海外生活・情報) ブログランキングへ   

上のリンクをぷちっと押していただくと大変励みになります。 
にほんブログ村 トラコミュ 台湾 / 中華民国へ
台湾 / 中華民国
このエントリーをはてなブックマークに追加

台湾で子供に日本語を教えるのは難しい

日本と台湾の交流が進み、ここ台湾でも台湾の方と国際結婚した日本人も多くなってきたと感じます。しかしみなさん、ここ台湾で生活をしながら、子供に母語である日本語をどうやって教えるかで頭を悩ましています。

生活がすべて中国語(または台湾語)である台湾の環境で、子供に日本語を一から教えるのは非常に難しいです。だからといってそのまま子供になにも教えないでいるといつのまにか中国語でしかコミュニケーションがとれなくなってしまいます。

これは日本語が母語である私を含めた日本人の親にとっては少々苦痛です。実際現在も躾のために息子を怒ろうとしても、中国語でうまく伝えられないこともあり歯がゆい思いをしています。日本語で話してもお子さんが中国語でしか返事をしない経験をした方も多いはず。

日本人とのハーフであるにも関わらず、お子さんが日本語を満足に話せない状況ですと、家庭だけではなく本人にとっても不利益が多いと思われます。

子供が日本語に慣れ親しむ方法とは
できるだけ子供を日本語の環境に置く一番いい方法は、同じような境遇の子供が集まる会に参加するか日本語の学校に通うことだとよく聞きます。ただ地理的、金銭的問題でなかなかそうはいかないこともあります。何かいい方法はないでしょうか?

私が現在息子に行っている、日本語に慣れ親しんでもらうための3つの方法を紹介します。

1.子供が生まれてから言葉を話せるまで子守唄や童謡を日本語で聞かせる
息子が生まれたときから、日本で買った童謡のCDやYouTubeにある日本の音楽を息子の寝ているそばで聞かせ続けました。結果自然と息子がつたない日本語ではありますが、口ずさめるまでになりました。

2.日本のアニメやテレビヒーローを多く見せてファンにする
台湾ではテレビで結構日本のアニメや戦隊物を放映しています。ほとんどが中国語に吹き替えされているので言葉の勉強にはなりませんが、子供に日本を教えるにはもってこいの教材だと思います。

もしどうしても日本語で聞かせたいなら、Youtubeで見せましょう。私の息子は、「海賊戦隊ゴーカイジャー」と「侍戦隊シンケンジャー」にはまってしまい、台北市内のショーまでいくはめになりました。

3.日本の子供チャレンジのDVDをひたすら見せる
日本にいる私の姉から甥のベネッセの子供チャレンジのDVDを送ってもらい息子に見せました。日本語で子供の躾や勉強をテーマにしたコンテンツが満載で子供も大変興味をもってみてました。

時に、子供には日本語でしか話をせず、子供が日本語で返事をするまで相手にしないような方法を聞きます。これではかえって子供は日本語を話したがらなくなるのではないかと思います。

他にいい方法がありましたら教えてください。 
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ