台湾基隆市になぜ岡山県人が住んでいるのか?

私は岡山県倉敷市出身で、2007年3月に岡山を離れ台湾の北東にある港町、基隆市に住んでいます。 台湾でのサラリーマン生活で感じた個人的な感想をブログで書かせていただいています。

Tag:台北駅

忘れたころにやってくる外国人居留証の延長(写真は基隆の移民局)
日本の商品、アニメ、音楽が氾濫する台湾で生活していると、外国にいるという感覚が非常に薄れてきます。

日本語が話せる人も多くいることもあり、海外では一番日本に近いと感じます。

ただ忘れたころにやってくる外国人居留証の更新通知を手にすると、ふと我に返ってしまいます。

基隆の移民局は東南アジアの人ばかり
先日僕が住む台湾の基隆で、数年ぶりに居留証の延長申請に行ってきました。

手続きを行う基隆の移民局オフィスは、基隆市政府(市役所)の斜め向かいにあります。僕が訪れたときはオフィスは東南アジアや中国人ばかり。しかも女性ばかり。たぶん台湾人に嫁いだ人ばかりなのでしょう。

あたりを見渡しても白人は一人もいません。日本人はどうやら僕一人。聞くと戦前は日本人が非常に多かった基隆ですが、今は市内でも数えるくらいしかいないようです。

 移民局の係員は中国語でしか対応してもらえないようです。ですからこのオフィスには日替わりでインドネシアやフィリピン、ベトナムの言葉ができる通訳ボランティアを置いています。
通訳は東南アジアの方専用
基隆の移民局にあった通訳の出勤表 東南アジアの言語ばかり。
基隆のオフィスには日本語が話せる人はいないようでした。台北なら日本人が非常に多いので状況は異なると思います。

移民局の係員は大変フレンドリーで、どの外国人に対しても高慢な態度をとるような人はお見受けしませんでした。

長い順番を待っていると、突然移民局の決定に不満があったのか、大声をあげて闖入してきたベトナム人がいました。日本なら「別室にどうぞ」と裏でなだめたりすかしたりしそうな事態です。

しかしここではみんながいる目の前で、係員が優しく説明をしていました。なにやらクリーンな感じがします。ただその分処理が遅くなるので、待ち時間がかなり長くなってしまいました。

さらに台湾らしいところといえば、申請書の記載に書き間違いがあっても、修正テープで直しても差し支えないということです。日本なら少なくとも二重線に修正印、最悪書き直しになってもおかしくはありません。

毎週日曜日台北駅に集結する外国人
毎週日曜日、台北駅に集結する外国人 東南アジアからきた外国人でいっぱい

永久居留証の要件とは?
ようやく僕の番がきました。

台湾人と結婚して配偶者ビザを持っている場合、延長には現在の居留証、台湾の戸籍謄本、パスポートが必要です。

手続き自体は非常に簡単。係員に言えば新しい居留証を自宅まで書留で送ってくれるので、2度も足を運ぶ必要はありません。

また毎回の更新が不要な永久居留証なるものもあります。
説明によれば、普通の外国人は
1.台湾で連続5年間合法に居留していること
2.かつ1年のうち183日以上台湾に在留していること
という条件がそろっていればその後2年の間に申請が可能

また僕のように台湾人の配偶者の場合
1.台湾に10年以上合法に居留していること
2.そのうち5年は毎年183日以上台湾に在留していること
という条件がそろっていればその後2年の間に申請が可能
となっているようです。

普通に居留証の延長をした場合、1年あたり1000元の費用が発生します。永久居留証の場合、1回限りで手数料は10,000元。今後さらに10年以上住むなら元は取れます。

しかし、入出国の証明書や、個人の財産証明、無犯罪証明など必要な書類がたくさんあったり、面接まであったりするのでかなり面倒。

ということで僕は申請する気持ちは萎えました。

ガイコク人になってみると外国人の気持ちがわかる!?
日本にいるとなかなか外国人のこうした手続きについて知る機会はそうそうありません。日本は日本のルールがあるので台湾の場合とはかなり異なるとは思いますが、なにかと面倒なことであることは変わりません。

また申請書や掲示物などすべて現地の言葉で書かれているより、自国の言葉で書かれてあるほうがなんとなく安心します。

日本にいるときはまったくそんなこと知ったり考えたことはありませんでした。近頃日本でも在日外国人の問題がよく報道されています。以前まで自分自身のなかで、「日本にいるのなら日本のルールを守れ。日本にいるのなら日本語を理解して」なんて傲慢なことを薄っすら考えていたこともありました。

しかし自分自身が外国人の経験をしてその立場に立ってみることで、日本にいる外国人の気持ちが少しではありますがわかるような気がしました。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

雨都「基隆」にも日本人は住んでいる
僕は台湾でも雨が非常に多い基隆に住んでいます。基隆から電車で約40分程度で台北の駅に着きます。

そんな近距離にも関わらず、基隆に住んでいるの?なんて驚かれます。

それでも基隆から台北に通うサラリーパーソンは非常に多く、朝夕、電車や国光號と呼ばれる長距離バスは軒並み満員です

もし台北で基隆から通っている人を見つけたければ、曇り空の日に国鉄台北駅の地下を歩いて見ましょう。濡れた傘を持っている人をみかけたら、それは非常に高い確率で基隆から来た方々です。

基隆は海岸線と山に囲まれた狭い地域なので本当によく雨が降ります。でも台北にくるといい天気で、回りはみんな傘などもっといないということもしばしばです。

僕が基隆に住み始めた頃は1月の1ヶ月に30日連続で雨が降っていて、憂鬱になってしまいました。

雨と切っては切れない基隆の市民性
最近台湾のインターネットで、それぞれの地域に居住の人間はどういった傾向かとかいうことが話題になりました。日本でいう県民性です。

例えば台北市民は「エスカレーターでは知らずに右による」とか、台中市民は「外出時にはバスに乗らない」とか、台南市民は「18歳未満でもみんなバイクの乗り方を知っている」とかいったものです。

基隆市民はどうかというと・・・
 
やはり「どこにいくにしても傘をもっていく」「雨がぱらついてきたらすぐに折り畳みではなく普通の長い傘を持っていく(なぜならきっと大雨になるか、長く降るから)」とありました。

やはり基隆市民と雨は切っても切れない縁があるようです。 

あなたもいっしょに台湾で働きませんか?

アジアで働く――自分を活かす・キャリアが広がる
九門崇
英治出版
売り上げランキング: 106,492
このエントリーをはてなブックマークに追加

今年(2011年)の7月1日から始まった台北市のfree wi-fiですが、オープン数日後に早速台北駅で実験したところ、あまり期待通りではなかったことは先般ここでもご紹介をしました。

もしかして自分の機器だけの問題かと、台北駅を通るたびに実験をくりかえしていたのですがやはりだめ。最近では実験すら行わないようになってました。

昨日(2011年9月8日)、嫁と台湾駅で待ち合わせをする際、free wi-fiのことを思い出して何気なくWifiをあけてみました。すると、前回まったくつながらなかったところで快適に使えるようになっていたのです(場所 台鉄と淡水線MRTの乗り換え口近辺)。

それでも台鉄や淡水線のMRTのホームではまったく使えません。たぶんコンコースとか1階ホールとかで使えるようになってるのかと思われます。

屋外でも始まった「TPE-Free」
そんな状況でも8月5日(2011年)、台北市政府と交通部(日本の国土交通省に相当)は、今年(2011年)10月1日から屋外でもこの「TPE-Free」を始めることを発表しました。

また今年6月に中華電信がインターネットの回線速度の向上をおこないました。

でも地域によってより高速の回線を申し込もうとしても「この地域はまだです」とかいわれることもあるようです。

なかなかすぐに完璧に利用できる環境を整えるのは難しいようです。

細部はさておき、全体でとらえると台湾のインターネットの普及は本当にすごい。台湾の行政院新聞局のニュースサイト「Taiwan Today」によると、ネット人口も11年には約2.6倍の1615万人(普及率70.0%)へと急拡大したようです。

日本の普及率は78.4%で、実感として台湾に住んでいると普及の面では日本と大差なく感じます(先に述べたようにいろいろ問題はありますが)。

台湾生活とインターネット
台湾で生活していると、身の回りでインターネットを利用する機会が多いです。びっくりしたのが税金の申告。日本は会社が全部やってくれますが、台湾は自分でやるようです。

私の場合、実際嫁が全部やるので詳細まではよくわかりませんが、5月頃の申告時期までにインターネットで申告のサイトへ行って入力をするようです。

台湾とソーシャルネットワークシステム(SNS)
さらにはソーシャルネットワークシステム(SNS)の利用が良く目に付きます。

2011年3月におけるインターネット利用者に対するSNS普及率は、台湾でも90%弱(日本は約55%)もあるようです。特に台湾はFacebookの浸透率が高い点が大きな特徴で台湾のFacebook利用者数は、
2011年6月時点で人口の約43%にあたる990万人に達しています。

僕の勤めている会社でも営業先の会社でも、台湾の方は堂々とSNSで遊んで(いや情報交換)している人を良く見かけます。中華圏はコネ(人脈)の世界だからそれも普及の原因かと思ったりします。

E-Shopの利用も盛んで、台湾資策會MICによると2010年の消費者向け電子商取引市場規模は、前年比2割以上増加して3580億台湾ドル(約9500億円)に達しています。

嫁もよく服や電気製品をネットで買ったりするのですが、合わなかったり、機能が?というのもあったりしてなんども嫁の母に怒られている風景をよく目にします。

やはりこれから台湾で何かしようと思えばネットは必須不可欠なツールだなと感じる毎日です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ