台湾基隆市になぜ岡山県人が住んでいるのか?

私は岡山県倉敷市出身で、2007年3月に岡山を離れ台湾の北東にある港町、基隆市に住んでいます。 台湾でのサラリーマン生活で感じた個人的な感想をブログで書かせていただいています。

Tag:人材会社

僕の勤める台湾の会社の関連会社が、日本で宝石店を開くことになりました。そしてそこで販売する商品の名称について、僕がすべて日本語訳しろという青天の霹靂的な命令がされました。

普段宝石など全く縁のない僕にどうしろというのか!と怒っても仕方がありません。Googleを駆使して、今まで見たことも触ったこともない宝石の日本名を一生懸命探しました。

こうして素人により命名された商品名称が、日本の宝石店でそのまま表示されているかどうかは今もって不明です。

よくある「ちょっと日本語に翻訳してくれる?」的な依頼
ちょっと日本語に訳して
ちょっと訳してくれる?と本格的な翻訳を依頼されることも
台湾にいるとこのように個人的または業務命令などで日本語翻訳を頼まれるケースが多いです。

簡単なものなら気軽に受けることができるのですが、なかには上記のように日本人だからといってすぐにできないレベルのものもあります。

依頼してくる台湾人も往々にして当事者ではなくあくまで仲介だけなので、内容をつっこんできてもよくわからないことが多々あります。だから本当の依頼者には申し訳ないけれど、できあがった翻訳はもしかするときわめて「???」な可能性も否定できません。

なぜ台湾の街中に変な日本語表示が氾濫してるのか
駅前にある地球村
台湾中にある日本語が学べる語学学校「地球村」(台北駅前)
ここで僕は「なぜ台湾の街中に変な日本語表示が氾濫してるのか」という潜在的にもっていた疑問に一つの仮説を思い立ちました。

もしかして翻訳を依頼する多くの台湾人は、知り合いの「日本語学習者」や素人日本人に翻訳させてそのまま訳した日本語を世間に出しているのではないか? と。

ご承知のとおり、歴史的背景、そして昨今の大量の日本文化、商品の台湾流入に伴い、台湾では年配の人もさることながら、学校や独学で日本語を学んで話せる人が非常に多いです。

ただ話し言葉だけであればレベルは非常に高いのですが、一般の日本人並みに文章が書ける人はまだまだ少ないようです。

しかし台湾に多い中小の台湾人企業なら、わざわざ大層なお金をかけて翻訳会社に依頼するより「通じるなら問題ない」と僕のように自社社員や知り合いの「日本語学習者」にやらせかねないのです。

日本語ハイレベルな台湾で増える奇妙な日本語
台湾着陸直後に表示されたモニター
台湾に到着直後からこんな感じです(中華航空飛行機の座席前のディスプレイ)
日本語人材を紹介する人材会社が乱立するところをみても、台湾の日本語レベルは総じて高いと言えます。

ただそんな台湾でこんなに奇妙な日本語表示が氾濫している状況をみていると、どうしても話し言葉に偏重した多くの「日本語人材」が、金を掛けたくない台湾の会社・お店側の思惑と結びついた結果ではないかと思わざるをえません。

普通の日本的感覚ならば、会社の公式文書、果ては看板にいたるまで、客の目に触れるものであれば、一言一句にいたるまで翻訳の専門家に確認しようと思うものです。

なぜなら書いてある文章レベルからその会社・お店の信用・品質まで事前に想像されてしまうからです。

このへん、台湾人が「わかるならそれでいい、差不多(大差ない)だ」と考えているのか、「日本人にとって見るとここは外国だから、それくらい沒問題(もんだいない)」と考えているかはよくわからないところです。

ただこんなことを書いていて、日本でも変な中国語や英語が氾濫していないか少々不安です。

2回目の台湾旅行のお供に


台湾(海外生活・情報) ブログランキングへ   

上のリンクをぷちっと押していただくと大変励みになります。 
にほんブログ村 トラコミュ 台湾 / 中華民国へ
台湾 / 中華民国
このエントリーをはてなブックマークに追加

104、1111、123、512・・・これがなんだかわかりますか?きっと台湾通のあなたなら、こんな数字の羅列だけ見てピンと来るはず。

そうこれらはすべて台湾にあるインターネット系人材会社の名前。台湾ではこうしたネットを使った人材紹介会社の利用がかなり普及しているようです。

台湾でお仕事を探している日本人の方もこれらサービスの利用をしたことがある、もしくはしようとおもったことがあるヒトが多いはず。でもこれを使って仕事ではなく、逆にヒト探しをしたことがあるヒトはそう多くないはず。

今回仕事で、台湾人社員を募集することになり、104人力銀行を使いました。人材側からではなく、企業からこうしたサービスを使った感想を書いてみたいと思います。

台湾最大手のネット系人材会社104の画面

1.履歴書の写真がプリクラ

登録者(人材)の履歴書を見て一番驚いたのは、履歴書写真のポーズ。

およそ日本人が使う写真とはかけ離れたポーズで堂々と登録する方がちらほら。なかにはプリクラの写真を流用したのかと思う方も。

その人らしさがでているといえばそのとおりなのですけど、多分まじめなポジションには不釣合いかと思われました。写真なしで登録しているのもちらほらあり、こちらもなんだか訳ありのように映りました。

とにかく、プリクラ写真だったり写真が無い場合は申し訳ないのですが、スルーさせていただいております。

2.転職が多い台湾人

履歴書をみると、やはりみなさん転職が多いです。当然こうしたサービスに登録するヒトは、転職したいヒトばかりだということは割り引いて考えなければなりませんが。

見た感じ、長くて3,4年、短い場合だと「先月入社したばかり」という方もいらっしゃいます。

さすがに数ヶ月で退職を繰り返すという方を上司に報告するのはやはり難しいです。なぜなら上司も台湾は転職が多いことはよく知っており、定着を最優先に考えているからです。ですので事情はよくわかりますが、そういった履歴書はスルーさせていただきました。
台湾でも転職は慎重に
3.アメリカやヨーロッパの大学院までいったヒトが多い

職種にもよると思うのですが、大学院で博士号まで取った人の履歴書もちらひらお見受けします。なかにはアメリカやヨーロッパの大学院までいったというかたもいらっしゃいました。

どんなヒトなんだろうと思って自己紹介欄をみると決まって英語で書かれていて、僕のような凡人には当然読めません。

多分これが読めるくらいの担当者がいる会社にいきたいのだなと思いながらスルーしています。やはり中国語で書いていないと敬遠してしまいます。

4.希望給与がとんでもなく多く書く人がいる
3.でも紹介したようなヒトも含めて、希望給与をとんでもない額で書いているヒトが目に付くのも驚きです。

行政院労工(労働者)委員会が2013年6月5日に発表した統計によると、台湾の初任給は大卒で26,722元(日本円で約8万円)だそうです。

なのに、彼らが記載する希望給与は6万-8万元(日本で約18万-24万円)、なかには10万(同約30万円)とかそれはそれは恐れ多いことこの上ありません。

となると、この人たちは希望給与の3倍くらいは稼ぐ自信はあるのだろう、と思ったりします。当然僕の会社ではそんなヒトが働く職場はなく、スルーしています。

5.個人の携帯電話番号、メールアドレスがまるわかり

このネット人材サービスは、企業側と人材側に仲介者があるわけではないので、企業側は履歴書にある電話番号やメールアドレスをたどって、本人と連絡をとります。

だから履歴書には携帯番号やメールアドレスがまるわかり。悪意ある人間ならこれを悪用しようなんて考える余地が十分にあります。

しかし台湾でも個人情報保護法のようなものが施行され、個人情報漏洩となると企業にとんでもないくらいの罰金が科せられると聞きます。

人材会社側もなんどもそうした行為は処罰の対象になる旨表示がたびたび出てきます。でも、正直その気になればなんでもできそうな気がしますけど。

6. どの人材が会社情報を見に来たかわかる

日本でももうそういう機能はあるかと思うのですが、企業からも人材側からもどんなヒトがお互いの資料を見に来たかわかるようです。企業にしてみれば、どのヒトがうちの会社に興味があるのかがわかるし、人材側もその逆で然り。これをお見合いサイトで採用してみたらどうかと考えてみたりしました。

7.私は時間を守ります!宣言

すこし笑ってしまったこの機能。面接の時間は絶対守ります、なんて宣言を履歴書でマークすることができる模様。

でもこれ、常識でしょうなんて考えてはいけない。こうしたネット系人材サービスを利用して人材募集をすると、一般の人材会社と違い、間に実質的なフィルターがかかっていないため、有象無象のとんでもない方がくる可能性が非常に高いのです。

例えば日本語を話せる営業を募集して、日本語がまったく話せないヒトが応募してくることが多数あります。事前に電話でチェックしたりしないと、いざ面接の段でとんでもないことが起こります。

話は脱線しましたが、「時間を守るマーク」なんて自称ゆえ、企業側でも気休めにしかなりませんが、実は企業側の機能にも「この人材、時間守らず」なんていうチェック欄があったりします。

これから仕事を探すみなさんのため少しでもお役に立てばと思っております。 


アジアで働くことに興味をお持ちのあなたに
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

台湾でも就職活動はつらい

台湾で現地就職して5年、今度は僕自身が採用担当になって日本人を求人をする側になりました。僕にも求職時代があったので、そのときどこを見られていたのかを意識しながら、採用活動を行いました。そのときの状況を書いてみようと思います。

台北の日系人材会社に依頼
台北にある日系人材会社に依頼をしました。条件にあった人材だけ選んで履歴書を送ってくるので、志願者がなりふりかまわず応募してくる巷の104だの1111といったインターネット人材会社を使うより選考は楽です。

担当者の方とお話を伺うと、台湾で就職活動をしている日本人は意外にも少ないようです。しかし日本でそれなりの職歴を積んでいない方が、台湾語学留学を経てそのまま現地で就職活動をしているケースも多く、やはりそういった方はご紹介できないとも言われました。

お断りせざるを得ないケース
それでも人材会社のご協力もあり、何人かの日本の方と面接をすることになりました。高い語学力と意欲をもった素晴らしい方もいらっしゃいましたが、あまり一緒に仕事したくないヒトもお見受けしました。

例えば
遅刻(しかも言い訳も謝りもなし)
服装の乱れ(上下スーツで、靴はスニーカー、ネクタイはゆるゆるなど)
ネットに書かれてある弊社の悪口について延々聞いてくる
雰囲気が暗すぎる など

またわざわざ日本から台湾就職を目指される方を紹介されるケースもありました。日本におられるせいか、中国語が今ひとつでお断りせざるをえないケースが多かったです。

台湾人の社長の好み
今回台湾人の社長が気に入った人材の傾向をまとめてみます

1.すぐ辞めそうにない
台湾は人材の流動がかなり激しく、経営者にとっても頭がいたい問題です。だから始めから辞めそうな気配がある、辞めそうな環境がある人については社長はあきらかに敬遠してました。

例えば 
・短い期間ですぐ仕事を変えているヒト
・新卒など会社経験が少ない若いヒト
・翻訳やネット販売といった副業を持っているヒトなど
 
また日本に戻るような気配のある人も敬遠していました。だから「もう日本には帰らない」決意も会社側にはっきり伝える必要があると思います。

2.外見
正直能力があるかどうかは仕事をしないとわかりません。となるとその人となりを知るには、外見で判断する部分も多くなります。

まず面接時に元気のない人は間違いなくはねられます。これから仕事で元気がそがれることが多いのに、今から元気がないと先行き思いやられるからです。

そして当たり前のことですが、日本人らしいことが重要です。挨拶、時間を守る、身だしなみを整えるなどは当たりまえ。なにせ日本人を募集しているのですから。

3.中国語
なにはともあれ台湾で働くのであれば、中国語は必須です。日本語環境の会社でも、台湾人と接しない会社は存在しません。

中国語の至らなさを「これから勉強します」とアピールする人を多く見ましたがこれはどうかと思います。それでは「なぜ今まで勉強してこなかったのか?」という話になりませんか?

しかも台湾では一から仕事や中国語を教える余裕のある会社はそんなにないと思います。日本語がある程度話せる台湾人が多いので、それであればあなたを雇う理由はなくなります。

今のご時世。僕もまた求職者になる可能性がないわけではありません。「ヒトの振り見てわが身を直せ」と思いながら、面接に来る方とお会いしています。

それでも台湾で就職したい方への関連書籍 

このエントリーをはてなブックマークに追加

台湾での職探しは大変
台湾の会社に現地就職をしている(いた)40歳の男性です。事情によりある日突然会社を離れなければならなくなりました。そして異国台湾で1から仕事を探すことになりました。今回僕が再就職活動を行った状況の一部をご紹介します。

海外台湾で現地就職をしたいと考えている日本の方の参考になれば幸いです。なお僕は嫁が台湾人で、労働ビザの取得が不要です。もしあなたが単身台湾に乗り込んでこられるのであれば、状況はさらに厳しいものと思ってください。

インターネットで職探し
台湾ではご承知のとおりインターネットを主体にした人材バンクが有名です。僕も104、1111などに登録を行いました。他にも518やらYes123とかあるのですが、登録するときに必要な身分証明書の番号が受け付けてくれませんでした。僕は居留証の番号を入力したのですが駄目でした。外国人がもつ番号は受け付けてくれないのでしょうか?

ネットで仕事探しさて僕はもうこの年で特に特技もないことから、「営業」、「営業企画」といった職種で希望を出しました。あとは求人を出している会社からの連絡を待つか、自分から登録している求人会社に応募するかです。こんな僕のような日本人に求人を行う会社とはどういった会社かというと・・・・

1.台湾系不動産会社の営業 2件
2.台湾系生命保険の営業 2件
3.怪しげな健康器具販売の営業 1件
4.台湾系特許事務所のマーケティング職 1件

1から3はどうみても行かないほうが無難と判断。不動産にしろ保険にしろ、台湾人相手に日本人が営業するメリットはないはず。多分登録した人材全員にメールをしているようです。とりあえず4はまともそうなので、連絡をして面接をすることになりました。

また他にも求人している会社に応募をしたのですが、まったく音沙汰なし。当時台湾の失業率が過去11ヶ月で最低の4.31%、49万人(2012年7月度)を記録しているだけに、やはり僕のようなおじさんにはなかなか厳しい状況でした。

人材会社に登録
平行して、台湾のある日系の人材紹介会社Sにも登録を行いました。ここは日本では無名ですが台湾では実績のある会社です。ここで紹介されたのは以下の仕事。
1.日系リース会社の営業
2.日系IT関係会社の企画

現在の日本人の台湾での求職状況
この人材会社の責任者の方に現在の日系企業の求人状況を聞きました。

現在日台関係が非常に良好になり、日本企業の台湾進出もよく耳にするのでさぞや日本人に対する求人が多くなってきていると思っていました。しかし実際には日本人に対する求人はあまりなく、あっても日本語のできる台湾人案件ばかりのようです。

多くなっているのは、アジア就職にあこがれて台湾に求職にくる日本人ばかりのようです。労働ビザの問題、語学の問題など、日本人が台湾で就職するにはかなりハードルが高そうです。

海外就職の参考に
いくつかの会社と面接を経て、現在ようやくとある会社で働いています。今振り返るとよくこんなご時勢に仕事を見つけることができたなと感じます。

現在(2013年2月)台湾は、ようやく景気の底が見えたといわれるくらいまだ不景気です。「日本から海外へ飛び出せ、海外就職!」なんていうブログなどをよく見かけますが、私自身は正直世の中そんなにあまくはないと強く感じた就職活動でした。

あくまで40歳の私の経験なので、私より若く能力のある多くのみなさんにあてはまらないとは思いますが、これから海外就職をお考えである方に参考になれば幸いです。

それでも台湾で就職したい方への関連書籍 

このエントリーをはてなブックマークに追加

にわか台湾ブームのようで,日本人観光客も前年比で約20%も増えたそうです。

日本企業による昨年の台湾投資は過去60年で最高の439件と、日本と台湾の結びつきはどんどん強くなってきています。

ともすると、生きづらい日本に別れを告げて、台湾で一旗あげようと移住したいと思う人もいることでしょう。そんなあなたに台湾での就職状況を私見でお伝えします。

台湾で仕事を探すには
何の縁故も当てにできない状況では、まず人材紹介会社に登録するのが手っ取り早いと思います。

台湾には日本でもおなじみの人材会社もあるし、それ以外にも日本人が経営しているような人材会社が数社あります。日系企業を主に人材を紹介しているので、とりあえず目に付くところは一通り登録してみましょう。

台湾は人材紹介サイトも多いので、中国語がなんとなくわかるのであれば、そういったサイトに履歴書を登録して、企業からのアプローチを待ってもいいかもしれません。




台湾の就職事情
ただ残念なことに、台湾では日本人の現地採用はかなり厳しいことをお伝えしなければなりません。

配偶者に台湾人をもつという状況を除くと、台湾で働くには労働ビザが必要。詳しい要件などは割愛しますが、労働ビザを取得するにはその会社があなたを雇用するに当たりどうしても台湾人ではなく、日本人を雇用する理由がなければなりません。

僕が今まで見たり聞いたりするなかで感じる日本人にもありそうな仕事とは・・
・お客様が日本人もしくは日系企業で
・台湾人が話す日本語では顧客が困る恐れがあるような仕事
・そもそも言語とは関係ない、特殊な能力が必要とする仕事
といったようなものです。

さすがに「日本語」で勝負することは余りおすすめしません。ここ台湾ではカタコトでも日本語を話せる方が非常に多く、日本語が上手な台湾人も多いですから。

結局普通に考えると能力的に「日本語+中国語+アルファ」でなければ台湾の就職は厳しいと感じます。この不景気の中、いちから手取り足取り教えてくれるような会社も多くなく、「アルファ」の部分は台湾に来る前に経験するか、資格をもっておかないとどうにもならないです。

アルファとはなにか?営業、会計、IT関係、エンジニア、法律関係(知財)、医療関係、翻訳などの経験なんかよさそうですが、実際はやはり人材会社に聞いたほうがよいかもしれない。

たしかに「経験不問」や「ガッツのある」とかいった日本人求人もあります。が、その分要求されるガッツのレベルは並みではないことは保証します。入社したときに周りに前任者がすでにいなかったり、歴代の前任者が短い期間でころころ変わっていたりということであれば、かなり「ブラック」の可能性が高いはず。

人の縁も大切
実際には人材会社など通さなくても、人の縁などで仕事が見つかるケースもよくあると聞きます。

会社側も社員がやめていかないよう、そして変な社員が来ないよう、身内もしくは身内の知り合いで固めたいという意向があるようです。

台湾にはこうした中小のオーナー企業が多く、つながりをつけるにも、台湾人との知り合いを増やしていくことが鍵のようです。

それでも台湾で就職したい方への関連書籍 

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ