台湾基隆市になぜ岡山県人が住んでいるのか?

私は岡山県倉敷市出身で、2007年3月に岡山を離れ台湾の北東にある港町、基隆市に住んでいます。 台湾でのサラリーマン生活で感じた個人的な感想をブログで書かせていただいています。

Tag:バス

関西空港検疫前の待機場所
1.5月2日正午前 関西空港到着、そして検疫
到着前から機内では、検疫に向けた書類にいくつか記載を求められました。

機内で配られた入国前の大切なお知らせ
                             機内で配られた入国前の大切なお知らせ(右側)
空港での検疫受入体制の都合のためだと思われますが、機内放送で、到着後1時間程度は機内で待機することになる旨伝えられました。

私もそれは覚悟していたのですが、なぜか10分も立たないうちに機外に出ることができるようになりました。

検疫ブースまでの道のりはそんなに遠くはありませんでした。搭乗ゲートの近くを通りましたが、ほとんど搭乗者らしき人は見受けられません。

検疫ブースに下りる階段の手前で、通路に等間隔に椅子が並べられ、いよいよ検疫の準備が始まります。

職員から書類を渡され、記載をしていきます。

検疫前に記載する書類
      検疫所からのお知らせ ここに帰国後のスケジュールの記載も求められる
検疫ブースの空き状況を待って、職員の指示で何人かずつ階下に誘導されていきます。検疫ブース付近は職員全員がほぼ完全武装をしており、緊張感が伝わってきます。

そして順番を待って、ひとりひとりPCR検査室に入れられ、検査を行います。鼻から綿棒を入れて検査を行うもので、5分もたたずに終了です。

2.あなたはどうやって帰宅しますか?

関空から岡山までの自動車ルート
        Googleマップによれば、関空→岡山は車で約3時間かかる
実は一番やっかいだったのは、PCR検査が終わってからでした。

検疫前に渡された書類には、今後のスケジュール、つまりどうやって家まで帰るかを記載することになっています。

国内への移動は、誰か迎えに来るか、自分でレンタカーで帰るか二択しかありません。

私の場合、いつ関西空港から出られるのか全く予想できなかったため、当日は空港、または指定のホテルに泊まり、翌日にレンタカーで岡山まで帰る段取りを考えてすでに予約をしていました。

関西空港から岡山まで、グーグルの予想では高速道路を乗り継いでも約4時間かかるといいます。

またコロナ禍の影響で、レンタカー店舗の営業時間が軒並み短縮しており、夜7時には岡山の支店は閉まってしまいます。当日にレンタカーに乗っても渋滞などトラブルが少しでも起これば、返却に間に合わなくなります。

しかし意外にも検査が早く終了(午後2時前)し、検査結果が出ないうちから空港から出ても良いことがわかりました。ですが、今更仕方がないので、計画とおり指定のホテルに宿泊することにしました。

以前に成田空港は帰国者が多くてホテルが足りず、空港内で夜を明かした人が多くいたというニュースを見ていました。

しかしもう帰国のピークも過ぎ、また今は関空は週に1日程度しか国際便が来ないこともあり、空港に泊まらなければならないということはありませんでした。

3.ホテルへ

隔離場所に移動するバスの中
       ホテルへ向かうバスは感染予防のためか目張りまではいってます。
ホテルに宿泊せざるを得ない人は、検疫終了後入国審査前の状態で別のエリアに集められます。この後団体行動でホテルまで誘導するためです。

結局数少ないその日の便で帰国した人で、ホテルに宿泊する人が全員そろうまでおおよそ1時間30分程度待ちました。

5-6人足らずのメンバーがそろうのになぜそんなに時間がかかったのか?

理由の一つに、高齢の方の多くが「国内移動はできない」ことを理解できていなかったことがあげられます。

多くが電車で帰ることができると思い込んでおり、迎えの手配ができておらず大慌ての状況でした。

メンバーがそろった上で、みんな一緒に入国審査ゲートを通り、出口へ向かいます。当然ロビーはガラガラでほとんど誰もいません。

我々は係員の誘導のもと、自衛隊が手配したバスまで歩いていきます。

このバスがまた過剰にウイルス対策をしているようで、車の下の荷物置き場からしっかりビニールが敷かれています。

車内に入るとこれまたびっくり。シートというシートはすべてビニールで覆われ、窓は全面目張りです。武漢から帰国した方々が国内ホテルに移動したときと全く同じようです。
シートはすべてビニール
         バスのシートはビニール張り
行き先のホテルは同じ空港島内にある「ホテル日航関西空港」ですが、バスが動き出してから到着まで約20分程度かかりました。歩いて5分くらいのところのはずですが、ぐるぐる回っていた印象です(目張りが張っているのでどういうルートを通ったのかはよくわかりません)。

不安は続きます。

(その3 ホテルそして岡山へ に続く)

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本にあって台湾にはないバスの時刻表
日本では台湾と違ってバス停に時刻表があります。
 
時刻どおりにバス停で待てば、基本的にバスはやってきます。その時刻より前に出発することはないので、バスが遅れていても待っていれば必ずそのうちきます。

しかし台湾のバス停には時刻表がないので、バスが来るかどうかは半ば運次第。
 
バス停の周りに人がいるかどうかでバスが出発したばかりか、待たされているかを判断せざるをえません。かなり待たされた挙句、乗るべきバスが4,5台連なってきたときのむなしさは台湾在住者のほとんどの方が経験済みでしょう。

台湾ではバスの運転手に乗車のアピールをしなければ、往々にして目の前を通過されてしまいがちです。当初小心者の僕にとってはこのアピールが大変の苦痛でしたが、最近はその姿も様になってきた気がします。

日本ではそんなアピールなどしなくとも到着時間にバス停に立っていれば必ずやバスは停まってくれます。「いや、俺は乗らないよ」と逆に運転手に手を振るアピールをよく目にするのは日本でありがちな風景です。

時刻表があれば、問題は解決するか?
日本のバスの時刻表
日本のバス停には時刻表がある
このように台湾では「到着時刻」ではなく、「乗車する客が存在するか」によりバスが停車するのです。運転手が「乗客がいない」と判断すれば、バスは終点めざしてびゅんびゅん飛ばしていきます。だから乗車するバスの運転手に必死にアピールしなければ、あなたは永遠にバスには乗れません。

であれば台湾のバスに時刻表を導入すれば運転手に派手なアピールなどせず停まってくれるのではないか?とシャイな日本人は考えがちです。しかもだいたいのバスの時間がわかれば台湾人利用者も喜ぶんではないかと勝手な妄想まで抱くかもしれません。

しかし、以下の理由からそんな日本人よがりな考え方は台湾人からダメだしを食らうのではないか思われます。

1.時刻どおりでなければバスが出発しないので、台湾の乗客から不満続出
いつまで待たせるの?なんて台湾人に怒られそう
いつまで待たせるの?なんて台湾人に怒られそう
時刻表がある日本では、早く着きすぎた場合時間調整のためバス停にバスが停まります。たとえ降りる人、乗る人がいなくても、出発時間までバスは先にすすめません。それなのに先を急いでいて、運転手に文句をいう人はあまりお見受けしません。

台湾では誰もいなければびゅんびゅん次のバス停に急ぐ台湾では、状況によってはかなり早く終点につくこともあります。そんな台湾で時刻表制度を導入すれば、先を急ぐ乗客から不満が続出するのは目に見えています。

2.バス停で時間待ちをしていると、後続車両からクラクションの嵐が巻き起こる
台湾でバスが時間待ちをするとクラクションの嵐にあいそう
台湾でバスが時間待ちをするとクラクションの嵐にあいそう
大きなバスが停まっていると、対向車もあることから容易に追い抜かして行くことはできません。日本ではそのままバスの後ろで車が何台も静かに待っている風景をよく見ます。

しかしこれが台湾だと・・・・クラクションの嵐になること必定です。ただでさえバイクやらが入り乱れて交通がマヒ状態の台湾でさすがにバスが道の半分をしばらく占拠することは難しいと考えます。

3.バイクが多く、ラッシュ時には時刻どおりにくることは不可能
バイクが多い台湾でバスは時間通りにくることができるのか?
バイクが多い台湾で、果たしてバスは時刻どおりにくることはできるのか?
そもそも交通がマヒ状態の台湾で、バスが時間通りに来れるのか?という大きな疑問があります。そんな状況で「時刻表」などつくってもまったく無意味なことだと、どの台湾人も考えるはずです。

だから結局時刻表を導入しても、まったく台湾ではデメリットが多く、意味がないと思われます。喜ぶのはシャイな日本人だけです。

2回目の台湾旅行のお供に


台湾(海外生活・情報) ブログランキングへ   

上のリンクをぷちっと押していただくと大変励みになります。 
にほんブログ村 トラコミュ 台湾 / 中華民国へ
台湾 / 中華民国
このエントリーをはてなブックマークに追加

先日週末に、台湾基隆近くのコミュニティ主催のバス小旅行に参加しました。台中、南投、日月潭を回るコースです。天気も晴れて気持ちのよい旅でした。しかしバスの中、および道中でこれでもかというくらいお土産の売込みを受けました。

1.バスの中で 「お土産屋の売り込みタイム」
台湾北部から中南部へバスで移動しようと思うとやはり3,4時間はかかります。当日は渋滞やらバスの故障やらでスケジュールは押し気味。バスの中は出発の朝6時過ぎからえんえんとおばさんおじさんのカラオケ絶叫大会で眠るに眠れず。IMAG0401
 
しかしあるパーキングエリアを出発したとき、いつものカラオケが始まらず、急にバスの前のほうがさわがしくなりました。「お土産屋の売り込みタイム」の始まりです。

まずは学生による乾物類の売り込み。大きい旅行バック一杯に商品を積み込んでバスの中をいったりきたり。百戦錬磨の車内のおばさんにしっかりねぎられたり、全然相手にされなかったりで、浮かない顔で近くの停車場で下車。

2.エンターテイメントで
昼前ようやくスケジュールのひとつ「南集集特技村」へ到着。ここはジープやバイクでおじさんがアクロバットを披露するエンターテイメントショー。

1時間弱のショータイムなのですが、実際演じているのは残念ながら30分くらい。あとはなにかというと・・・お土産の売り込み。

障害を持たれたここの娘さんがここまで元気になったとかなんとかで、しまいには歌まで歌い始め、その間に会場のスタッフが総出でお茶屋やピーナッツを客席に売りにくる。周りをみているとお土産は本当に大盛況で売れまくっている。先ほどの学生の売込みとはさすがに違う。
 
3.またバスの中で
乗り込んできたのは薬の関係の方。年齢60過ぎのおじさん。体に塗りつけると筋肉痛などが消えるというクリームから売り込み開始。バスのカラオケの映像が流れていた車内のテレビモニターはいつのまにかすべてこのおじさんの店のCMに切り替わっていた。

おじさんは車内の客ひとりひとりの背中にこのクリームを塗りつけて効き目をアピール。子供が食べても安全とみんなの前でクリームを大きい口でぱくりといったパフォーマンスも。

ただ、旅の後半で皆さんお疲れがたまっているようで反応がかなり薄い。とりだした湿布薬を大幅ディスカウントで呼びかけるも、車内のおばさんはまもなくつく台中の風景に目を奪われ、おじさんは1人悪戦苦闘。気づけばいつのまにかフェイドアウトされていました。

4.お土産屋
もちろんバスは何度も何度もこれでもかといわんばかりにお土産やをめぐる。自分の参加したバスだけでなく、台湾中部、南部をめぐるバスが入れ替わり立ちかわりお土産やにバスを停めては客を下車させている。それにして台湾の方、なんでそんなに食い物を買うのか?

5.おわりに
売り方に工夫があればよく売れるのだなと少し勉強になりました。こうした売り込みも一種のショーだなと感じます。芸人は舞台でいかに笑わせるかですが、こうした売り込みは舞台でいかに買わせるかという違いだけです。観光地の景色よりもこうした売り込みのほうが強烈に印象に残った小旅行でした。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

台湾地理は地図でみると東西南北に格子状に道が並んでいて非常にわかりやすいです。住所も面している道路名で表示されているのでお店も探しやすい。

ただ番地が、道路のこっちがすべて奇数、道路の向い側がすべて偶数となっているのが感覚的にちょっと奇妙。でもこれはこれでまた住所を探すとき非常に便利です。

観光、出張で台湾に来る方も一人で行動をする場合、スマホを使うと大変便利です。

問題のSIMですが、現地のSIMプリペイドカードが簡単に安く空港で手に入ります。
以下参照

これを使えば、早速空港からグーグルマップで旅はスタートです。経路も現住所から確認できます。交通手段も表示されるので、やみくもにタクシーばかり使わなくても安心してバスにも乗れます。

1.台北のバスは悠悠卡
台北のバスは悠悠卡と呼ばれるプリペイド式カードが普及しています。これを購入してお金をチャージしていれば特に乗車下車でも問題はないと思います。

バスの一区間が15元、おつりはでません。手間を考えればMRTの駅でこのカードを購入したほうがいいです。たしかデポジット100元とられたはず。

2・バス停でバスが止まらないことも
日本風におしとやかにバス停でまっていても、台湾のバスはあなたを無視して通り過ぎることがよくあります。

以前までバス停で台湾人が大げさに手を振ってバスにアピールする姿をみて、なんと大げさだと思っていました。でもこれくらいしないと、停まらないこともあるのです。実際シャイな僕も何度も無視されました。

3.バス停が見つからない
台北駅付近のバス停はいろいろなところにあるので、グーグルマップとかで経路を探し当てても該当のバス停がなかなかみつからないのです。

しかも台北駅そのものが迷宮のようになっているのでよりしんどい。これはなにかいいアプリとか知っている人教えてください。

4.台湾で使える交通系アプリ
台湾の交通で使えるアプリは
(1).台北公車
これはバスの番号をいれるとあとどれくらいで自分のいるバス停にくるかおおまかな待ち時間がわかります。でも以前それを信じて30分も待たされたことがあったのでしばらく使ってません。もしかしたら今は改善されているかもしれません。

(2).悠悠台鐵通
これは台湾の鉄道の時刻表アプリで、自分の乗車駅や目的地駅の時間がわかります。これは割と便利。これを見つけてからは、Evernoteに入れていた駅で撮影した時刻表の写真を削除しました。

ちなみにこの悠悠シリーズには
・悠悠購好康(悠悠卡でお得な買い物ができるところを紹介)
・悠悠好停車(悠悠卡で駐車できる駐車場を紹介)
などあってこれまた便利。

5.効率的な移動のために
とりあえずできるだけロスタイムを省いて効率的な移動をおこなうために、僕は以下の提案をします。
(1).音声と文字でEvernoteに入力
行き先の住所(地名、バス停留所)をすべて音声と文字でEvernoteに入力します。音声は日本語がわかる宿泊先のホテルの人にいれてもらうのです。

想定としてまずスマートフォンのグーグルマップで経路を確認し、指定されたバスを使って移動。

途中乗り換えのバス停の位置がわからない場合、前もって録音した「○○のバス停はどこですか?連れて行ってください」という音声データを台湾人のおばちゃんに聞かせる。
(おばちゃんなら一番無難でしょう。最悪おばちゃんの家に連れて行かれるだけです)

バス乗車中降りるところがわからない場合、運転中の運転手にスマホを近づけること自体難しいので
「○○のバス停で降ります。バス停が近づいたら声をかけてくれるよう運転手に言ってもらえませんか?」という音声データを若い女性の台湾人に聞かせる。
(バスの中であれば若い女性も逃げることも無視することも不可能。展開によっては目的地までいっしょに連れて行ってくれるかも。そして最後は「住所と電話番号と名前」をEvernoteにいれてもらえるかも)

(2).「現在地メモ」アプリで緊急連絡先にメール
それでも想定外に道に迷い、電話しようにも場所がまったくわからず、聞くに聞けない場合、「現在地メモ」を使いましょう。

ホテルの方に事前にメールアドレスを聞いておき、緊急の場合は自分からのメールを確認してもらう旨伝えておきます。台湾に友達、同僚がいればその方でもかまいません。ただしスマホなどですぐにメールが確認できることが重要です。

いざこまったとき、このアプリを押すだけでメーラーがたちあがり、GPSが現在地を確認し、現住所データが本文にかかれます。メール題名に「道に迷った!」とか「ここに迎えに来て」とか書き添えてもかまいません。そして相手先のメールアドレスを入力して送信、それだけ。

電話して場所がうまく伝えられないときにこのアプリはいいかもしれません。

事前にグーグルマップに観光予定の地理をすべて入力しておけばたぶん問題ないはずですが、そのぶん少々意外なハプニングが少なくなってつまらなくなるかもしれません。

いや、もしかしてあまりに旅先でスマートフォンを使いすぎて電池がなくなってしまうとかそういう致命的なアクシデントが起こったほうが、旅の思い出としてはいいかもしれない・・・・。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ