台湾基隆市になぜ岡山県人が住んでいるのか?

私は岡山県倉敷市出身で、2007年3月に岡山を離れ台湾の北東にある港町、基隆市に住んでいます。 台湾でのサラリーマン生活で感じた個人的な感想をブログで書かせていただいています。

Tag:コロナ

台湾の啓蒙ポスター
仕事柄、日本の方と連絡を取ることも多いせいか「コロナウイルス、台湾はどう?」とよく質問されます。

ご存知の通り、台湾は早期の対策が奏功し、国内での新規発生はここ半年ありません。

空港で海外から帰国された方々の中に、陽性反応が出たというニュースはしばしば耳にします。

台湾でも観光業の復興のため国内旅行が奨励され、各地はひとばかり。10月の三連休中には、台南に4万人も来たとか。

台湾では海外旅行もいよいよパラオに限り解禁される方向のようです。

これで擬似出国ツアーに参加しなくても良さそうです。

とはいっても、台湾ではまだ密な場所ではマスクは必要です。マスクをつけなければ電車やバスにも乗れません。

上の写真は、マスクがないときどうやってくしゃみや咳をするかを啓蒙するポスターを写したものです。このポーズが標準でいて、王道のスタイルだとうたっています。

こうした努力が、台湾新規感染者ゼロにつながっているのだなと感じます
このエントリーをはてなブックマークに追加

台湾では人が密集する建物内では、マスク着用が奨励されています。
バスもMRTも電車もマスクがないと乗れません。

そして息子が通う習い事の建物でも。
台湾でもマスクはまだ必要

少し前になりますが、今年(2020年)5月頃、日本岡山に一時帰国しました。
そういえば近所の庭で見たお地蔵さんもマスクをしていました。
岡山でみたマスクをしたお地蔵様
早くコロナがおさまるとよいですね。
このエントリーをはてなブックマークに追加

印鑑証明のない海外在住者は役場でつまずく
先日から、コロナ渦中に日本に帰ったり、台湾に戻ったりといった時の状況をブログで書かせていただいております。





なぜ、こんな渦中にこんなことをしていたのか?

理由は、日本の父がちょうどコロナの時期に重病になり、そして亡くなったからです(コロナではありません)。

日本に両親を残し、海外でご活躍をされている皆さんもひとごとではありません。コロナ渦中かどうかを問わず、いざという時どういった困難があり、どんな準備が必要か?私の経験が皆様の参考になれば幸いです。

1.海外在住者はすぐに公に出れない(コロナ渦中の場合)
海外在住者はすぐに外出できない
私が帰国した2020年5月初旬は特に緊急事態宣言下であり、日本国中がコロナにかなりピリピリしていた時期です。

県外の移動も自粛しているなか、海外帰国者が早々に公に出れるわけがありません(実は空港のPCR検査で陰性だと確認しているので、日本在住者よりは確実に問題ないはずですが・・・)。

自宅謹慎の14日間は、病院に見舞いやお葬式の参列など不可能です。またご近所の目が大変気になりました。

ですから、もしコロナ渦中に日本に緊急で戻るときは、早いにこしたことはありません。

2.海外在住者は、手続きの負担が大きい
お葬式等が終わると、年金の手続き、故人の名義変更、その他で、役場、年金事務所、法務局、金融機関など足繁く通う必要がでてきます。

これらに共通して言える事は、「平日しか空いていない」ということです。

私の兄弟は当然平日は仕事があり、母は運転もできず、手続き内容がイマイチ理解ができていない。となると、しばらくはすべて海外から帰ってきたあなたに手続きをお願いされることになります。

手続きを以下に効率的に行うか、事前に書籍などで十分予習しておくことをお勧めします。また、書籍の内容がすべて正しいというわけでもありませんから、訪問前に電話などでそれぞれの機関に確認だけとっておいた方が良いです。

3.日本に住所のない海外在住者は、印鑑証明でつまずく
一般的に海外に在住している方は、日本の住民票を抜いているはずです(でなければ税金が毎年請求されます)。

となると困ってくるのが、手続きにあなたの住所を書くときです。

家族の戸籍謄本など比較的一般的な書類であれば、発行申請時に窓口でその旨を告げれば特に問題ありませんでした。

しかし、故人の名義変更、相続関係になると、「実印」が求められます。勝手に三文判の認印ではだめです。印鑑証明が必要です。

印鑑証明は、住所地を管轄する役所が発行するものなので、日本に住所がないと国内ではどこも発行してくれません。

自分が居住する国・地域の日本在外機関で、印鑑またはサインの認証を受けなければならないのです。だから、事前に準備しておかないと一度また海外に戻らなければならなくなります。

ちなみに台湾では、交流協会で印鑑証明の手続きができます。

以上、私のつたない経験ですが、今後の皆様のお役に立てば幸いです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コロナ渦中でありましたが、先日日本から台湾に戻ってきました。


新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、台湾ではしばらく外国人は原則入国禁止でした。しかし私が台湾に入国した日(2020年7月4日)の少し前から、観光・就学以外であれば台湾当局から特別な許可があれば入国できるようになりました。

しかし台湾到着後、外国人であろうと台湾人であろうと、台湾での住居あるいは指定された場所で14日間待機する「居家検疫」(在宅検疫)が義務付けられています。

このブログでは、こんな厳戒態勢のなかどうやって台湾の自宅に帰ってきたかについて書かせていただきます。

1.拍子抜けの台湾入国
台湾入国時に検疫に見せたスマホの画面
関空からは昼過ぎの飛行機に乗って、午後3時過ぎに台湾に着きました。乗客は以前(2020年5月2日)台湾から搭乗した時(搭乗者14人)より3~4倍はあったように見えました。日本人も多く、赤ちゃん連れの若い夫婦もお見受けしました。それでも飛行機内はがらがらです。

また日本のように検疫でPCR検査とかで時間がかかるだろうと早足で先を急いで出てきたのですが、なんと桃園空港では検査は全くなし。

(日本入国時の検疫状況はこちら)

おなじみの体温を測る検疫ブースを越えると、係員から旅客居家検疫電子申報証明という検疫事前申告システムから送信されてきたショートメッセージを出すよう促されます。メッセージのリンクをクリックすると、日本出国前に入力した内容が表示されます(上の写真 左がショートメッセージ 右がシステム入力内容の確認画面)。

これを確認して、検疫は終了です(嘘の申告は15万元(日本円約54万円の罰金)です)。あのコロナ対策で世界のトップを走る台湾なのに、こんな簡単に入国できるのかとかなり拍子抜けです。

2.全身消毒と防疫タクシー
台北市内の防疫ホテル 画面左下にタオルが山積
これから14日間の在宅検疫になるわけですが、私は嫁が事前に予約をいれてもらった台北市内の防疫ホテルで過ごすことになりました。

台湾の自宅で過ごしても良さそうだと思ったのですが、年寄り(65歳以上)や子供(6歳以下)と同居ではだめだと規定があるようです。

大きな荷物を提げて桃園空港のロビーに出てきたのですが、空港はかなりがらんとしてこのまま家に帰ってもだれも気がつかないではないかと思えるほどほったらかしの状態です。

あまりに不安になってきて、インフォメーションブースのようなところにいた女性に聞いて防疫タクシー乗り場に連れて行ってもらいました。

そこはただの空港タクシー乗り場で、今はすべて防疫タクシーになっているようです。

乗り場近くにあるブースで受付をし、順番にタクシーに乗ってきます。普通の空港タクシーと違うところは、運転手がほぼ完全武装であること、乗客の服の上から大量のアルコールがふきつけられることです(万歳をさせられ、顔から下の全て、アルコール消毒です)。

3.Uber Eatsで始まる 14日間の防疫生活
部屋に準備された水14日分(30本)
私のホテルは台北西門町にあり、チェックインを済ますとすぐに部屋に通されました。部屋は至って普通です。

部屋には合計30本程度のミネラルウオーター、4回分くらいの歯ブラシやタオル、おかしの小さな袋、コーヒー粉などが準備されています。

部屋代は1500元/日で、別個に300元/日でホテル側が朝昼晩の食事をアレンジしてくれます。ただどんな食事かは完全ホテル任せなので、私はこの機会に台湾で今流行の「Uber Eats(デリバリーフードサービス)」デビューすることにしました。

UberEatの画面 食事だけが唯一の楽しみ
部屋から出ることはご法度で、誰とも面会はできません。会うことができるのは日に二回体温を測りにくるホテルの従業員と「Uber Eats」の配達員だけ。

しかし数日後から、体温計測もほったらかし状態(たまに忘れた頃にやってくる)。「Uber Eats」の配達員も受け渡しがホテルのフロントまでになってしまい、代わりにホテルの従業員が持ってきて部屋の戸ノブにかけて置くようになってしまいました。

また毎朝、台湾の中央流行疫情指揮中心からショートメッセージが入り、健康状態を回答しなければなりません(下写真の左と中)。更には外国人は警察外事科の監視下におかれているようで、ホテルを管轄する警察署から毎日ラインで連絡が入ります(下写真の右)。
左・中:中央流行疫情式中心から 右:警察局から
ネット環境は備わっているので平日は仕事をしていますが、しばらく誰にも会えないのはやはりさびしい。そして「Uber Eats」の食事だけが楽しみの隔離生活はようやく半分が過ぎました(2020年7月10日現在)。

台湾旅行ランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加

コロナ禍のホテルの廊下
1.ホテル宿泊
帰国日当日に空港に迎えが来ない人、当日にレンタカーを手配できない人は、検疫所指定のホテルに宿泊することになります。一泊だけ無料で泊まることができます(二泊目以降は有料)。

翌日検疫の結果が出た後、陰性であればホテルを出ることができます。結果は翌日の午前中に部屋まで電話がかかってきます。

バスがホテルらしき場所の前に停まると、名前を呼ばれた人から下車です。下車して自分のトランクを出すと、ホテルの裏口から中へ入っていきます。

ホテルのフロントで受付をする代わりに、裏口エレベーター近くに設置した簡易机で簡単に名前を確認され、手配された部屋を告げられます。

裏口エレベータで指定の階まで行き、そこから部屋に入ります。エレベータのボタンすら押させてもらえません。まだ結果がでていないのですが、もう完全に感染者扱いです。

2.宿泊の掟(おきて)
コロナ禍で帰国者用に準備されたホテルの部屋
       
帰国者受入ホテル 至って普通の部屋
宿泊するにあたり、事前にいくつか説明がありました。その中でも特に注意すべきことは下記の2点。

(1)部屋から一歩も出てはいけない。
 一度入室すると一切室外には出ることはできません。だから近くの店に買い物もいくことができません。このため部屋の鍵は渡されません。

 驚くことにフロアの廊下の一番奥に見張り番の職員がずっと座っていました。

 館内の自販機でお酒でも買おうかと思っていましたが、それも無理。また室内で飲酒すること自体なぜか禁止されていました。

(2)食事はノックがしてから数分経ってから取ること。
 外へ出ることができない代わりに、職員がドアの外まで弁当など三食の食事を持ってきてくれます。部屋の外には椅子があり、その上に食事を配っていきます。食べたごみはその椅子の下に置くことになります。

 職員が食事を持ってきた際、部屋のドアをノックされますが、すぐにドアを開けてはいけません。そのフロアの食事を配り終わり、職員が立ち去ってからドアを開けることになります(その時間、ノック後数分と表現されていました)。

室内は普通のホテルと全く同じで、テレビもお風呂も使えます。WI-FIも飛んでいるのでインターネットもできます。環境は快適でした。

3.食事
コロナ禍ホテル夕食
       
宿泊当日夜のお食事
なにもやることはないので、やはり気になってくるのが食事の時間とその内容です。

食事の時間は、夜は7時ころ、朝も7時ころと記憶しています。昼はチェックインが遅かったこともあり、夕方近くにきました。食事は至って普通で、おいしくいただくことができました。

4.岡山へ
翌朝8時過ぎに部屋の電話が鳴りました。厚生省の職員の方からで、私のPCR検査結果は陰性だという連絡でした。多分今後の人生において、厚生省と直接連絡をとるのはこれが最後だと思われます。

その後すぐに荷物を片付けて部屋を出ました。エレベータ前では係員が厚生省が押印した「PCR検査 陰性」の証明書を手渡してくれました。
PCR検査結果
             PCR検査結果 陰性
変な裏口を通り、今回は晴れてホテルのフロントから出ることができました。そしてやはり歩いて5分もたたないうちに、空港のレンタカー事務所が軒を並べる棟に着きました。

そこには10社近くレンタカーオフィスが並んでいましたが、朝9時過ぎで早いせいか客はだれもいません。

私は事前にネットで予約したN社のカウンターで手続きをし、三菱の軽自動車で空港島内を脱出、一路岡山に向かいました。

関空から岡山までの自動車ルート
        関西空港から岡山まで途中休憩を挟み、約4時間でした
奇しくもゴールデンウィーク中ではありましたが、岡山に向かう高速道路はどこも閑散としており、渋滞らしい渋滞もありませんでした。

5.その後
その後私は岡山の実家の2階で2週間巣篭もりをすることになりました。

事前に提出した資料に基づいて、管轄の保健所から毎日電話で体温と体調を聞かれます。

不要不急の外出は極力避けるよう言われており、私も、自分が原因で岡山県に感染者が出てしまうのはまずいと感じ、ひたすら家にいました。

幸い全く何も症状がでず、無事2週間過ごすことができました。

この場を借りて、空港の方、厚生省の方、保健所の方にお礼を申し上げる次第です。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ