台湾基隆市になぜ岡山県人が住んでいるのか?

私は岡山県倉敷市出身で、2007年3月に岡山を離れ台湾の北東にある港町、基隆市に住んでいます。 台湾でのサラリーマン生活で感じた個人的な感想をブログで書かせていただいています。

Category: 台湾の仕事・ビジネス・就職

トヨタへの出張はしんどい
仕事の関係で台湾から豊田市に出張する機会がかなり増えました。もちろん出張先は世界のトヨタ自動車です。

今回は台湾から豊田市に出張した際に感じる事柄について書いてみます。

1.空港・機内・ホテルにはトヨタ関係者の出張が多い
桃園空港で名古屋行きの飛行機を待っていると、よく直接もしくは間接的な関係者に出会います。出発前からトヨタの影響力の大きさを実感します。

また豊田市内のホテルでは、トヨタに研修に来た外国人が多く宿泊しています。

だから空港・機内・ホテル内を問わず、仕事の話、特に社外に出したくない話はしないほうがよさそうです。

2.電車で行くとかなり不便な豊田市
中部国際空港から豊田市までは、直通のバスがあります。時間も1時間半くらいと早いです。

それに引き換え、電車で行こうと思うとかなり大変です。名鉄で豊田市まで行くとなると、少なくとも神宮前、知立と2回も乗り換えなければなりません。

付近にJRの駅も存在しないため、他府県からいく場合必ず私鉄に乗り換える必要があります。

こんなに多くの人が豊田市に用事があるのに、なぜ電車のアクセスがこんなに悪いのか?自動車メーカーの悪意を感じます。

3.タクシーが必須 豊田市の移動
豊田市に入ってからも移動で悩みます。トヨタに行くにせよ、他の関連会社に行くにせよ、移動の手段はタクシーとなります。

しかもタクシー運転手に聞くと、市内では流しのタクシーは拾えないそうです。

そんななか、豊田市で目に入ったのが「Ha:mo RIDE(ハーモ ライド)」という超小型モビリティの
シェアリングサービス。

運転免許と事前予約が必要ですが、タクシーよりも費用はかなり抑えられそうです(6時間2500円)。
ステーションもかなり増えてきたようだから、今度の出張時に使ってみようと思います。


コロナ真っ最中の今、次回日本への出張は当分先になりそうです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本語のままでも台湾の子供は関係なし
クリスマスも近くなり、息子の欲しいおもちゃをそれとなく確認するために台北市内のトイザらスに行きました。

息子はおもちゃを見るのもそこそこに店の入り口にあるゲーム機にかじりつき状態。

これは日本のバンダイのガンバロイドなるアーケードゲーム機で、台北のおもちゃ屋ではよく見かけます。プレイするお金は無料で、多くの子供が列をつくっています。

ゲーム機は日本からそのまま台湾に持ってきたようで、画面表記はすべて日本語。言葉はわからなくてもゲーム内容にはさほど問題ないようで、子供は熱心にボタンを押しています。
仮面ライダーフォーゼ仕様のガンバライド
仮面ライダーフォーゼ仕様のガンバロイド。たくさんアストロスイッチが差し込まれている。
このゲームは仮面ライダーシリーズを題材とした対戦モノです。バンダイが発売するカードやコイン、スイッチを使うとゲーム上でキャラクターが強くなるので、子供らは親におねだりしたのかたくさんカードやコインを携えています。

実は息子がすでにサンタにお願いしたと言うおもちゃもそのカードやスイッチの類でした。バンダイのおもちゃとアーケードゲームを連動させたこうした販売戦略には本当に恐れ入ります。

親には脅威のバンダイ戦略
台湾でも子供に大人気のガンバロイド
バンダイ商法に見事にはまっている台湾の子供たち
私も子供のころはバンダイのおもちゃに大変憧れがありお世話になってきました。しかし親になった今、このバンダイが大変脅威に感じてきました。

一番バンダイに敵意を抱いたのが、昨年台北で行なわれたゴーカイジャー&仮面ライダーオーズの公演の時でした。

ヒーローの活躍にすっかり気分高揚の息子を連れて会場の出口までくると、これでもかといわんばかりにバンダイ商品が山積みにされて販売されているではありませんか。

親とすればそのまま通り過ぎたいところですが、案の定息子はおもちゃを買わないとここをてこでも動かない状況。

子供のころはあれほどバンダイさんが大好きだったのですが、親になってからは本当に頭の痛い存在です。

高倉健の映画とバンダイ商法
高倉健が任侠モノにたくさん出ていたとは知らなかった
昔は映画、今はVシネマで楽しめる任侠モノ
最近俳優の高倉健がお亡くなりになりました。ネットのニュースを眺めていると、実は当初は仁侠(ヤクザ)映画にたくさん出演していたことを知りました。幸福の黄色いハンカチや鉄道員(ぽっぽや)といった映画の中に出てくるイメージしかなかったので意外でした。 

ここでこの「仁侠モノ」をバンダイのような商法に乗せるとどうなるかを考えてみました。

毎年新シリーズが出てくる仮面ライダーと同じく、毎年主役を変えて任侠ドラマをテレビで制作。ドラマの時間帯はブルーマンデー前日である日曜日の深夜。これでお父さんは月曜日の朝から肩で風を切って出社できます。

任侠映画の疑似体験ですが、まさかガンバライドの任侠版をおもちゃ屋に置くことはできません。そこでサバイバルゲームができるところで、業者が準備する極道軍団とドンパチの疑似体験をしてもらいましょう。

格好だけでいいのならやくざ、極道、金融ヤンキー、チンピラなどのファッションを準備し、シーンに応じたスタジオで変身写真を撮影というのもよいかもしれません。

ならばいっそのこと任侠映画村を作り、そこで任侠映画やVシネマを撮影することにします。極道俳優との握手会、記念撮影、DVD以外にもおもちゃのドス、モデルガン、極道ファッションなどの販売も同時に行ないます。

妄想がとりとめもなく膨らんできましたので今日はこのへんで。

2回目の台湾旅行のお供に


台湾(海外生活・情報) ブログランキングへ   

上のリンクをぷちっと押していただくと大変励みになります。 
にほんブログ村 トラコミュ 台湾 / 中華民国へ
台湾 / 中華民国
このエントリーをはてなブックマークに追加

総務に気に入られる営業とは?
故あって台湾から日本の関連会社に派遣されて通算2か月。台湾で売れない営業マンをしていた僕は、日本で総務として働いています。

新しく設立した会社なので、総務の仕事は山ほどあります。もちろん一人ですべて解決することはできないので、いろいろな業者にお願いすることも多いです。

台湾で営業畑を歩いてきたのですが、日本に来て初めて「営業される」立場に変わりました。そこで、他の方がどのような営業をするのかをじっくり観察することにしました。

営業されるヒトの心の中は・・・
営業されるヒトの心の中は?
営業されるヒトも結構プレッシャーがかかっている
今回は会社設立直後ということもあって、社内に明確な問題点が山積しています。ですからこちらからいくつかの業者に声をかけて来社していただくことになります。

こちらは人手不足と知識不足、そして上司から早くそして確実で、それでいて安価ですむ解決を求められ、プレッシャーいっぱい。だからこれらの不安をすぐに払拭してくれる営業なら本当に大歓迎。面倒くさいことをいう方はたとえ安かろうとさっさとお引取り願いたいというのが本音です。

さっさとお引取り願いたい営業の例 
さっさとお引取り願いたいんですけど
ああ、早く帰ってくれないかなと感じる思う営業もいる
今回接触したいくつかのこちらの事情を察しないむかつく営業を振り返ってみます。たぶん二度と連絡はとりません。

1.見積もりの説明がわかりにくい
見積書をいただいても、意味不明な項目が淡々と並んでいては全くなんのことやらって感じです。しかもその後先方からまったく連絡もなく、イライラが募るばかり。
 
2.ピントはずれな説明をされる
こちらも上司に状況を説明しなければなりませんので、わからないことはつっこんで聞きます。でも返ってくる返事は全く要領を得ない、そればかりか違う話題に切り替えられることもあり、相手に対する信頼は限りなくゼロに近づきます。
 
3.話が長く、強引
こちらからの短答式な質問に、その10倍くらいの時間を費やしてひたすら自社のサービスの良さを重点に返答していただくケースもあります。勢い余って他社の悪口や今すぐここで発注を決めろといわんばかりのことをのたまうこともあります。営業の話が長ければ長いほどますますその会社と距離を置きたくなります。
 
4.対応が遅い
不在だったので折り返しお電話いただこうにも、いつまでたっても連絡がない。見積もりもこない。こちらから連絡をすると「今、連絡しようとしていたところです」なんて「蕎麦屋の出前」のようなことを堂々とおっしゃるかたもちらほら。なんだか馬鹿にされている気がしました。

 このヒトの営業は見習いたい
このヒトの営業は見習いたい
このヒトなら安心だと感じたら、密かに応援したくなる 
今度は、このヒトに決めようかなと思ったときの営業をふりかえってみます

1.融通がきく
こちらにも都合があり、業者に無理を承知でいろいろお願いをすることがあります。マニュアルどおりの対応しかしていただけない会社も多い中で、少しでも融通をきかせてくれるところに出会うと、こちらもなんとか誠意に答えなければと感じてしまいます。

2.知らなかったことをおしえてくれる
こちらは素人ですので、問題の表面的な部分だけ考えて業者に見積もりをお願いしてしまいがちです。すると業者によっては、こちらが考えにも及ばなかった潜在的な問題とかを指摘していただくことがあります。正直これは大変うれしいです。なぜなら知らずに話をすすめて、後で問題が発生すると責任がすべて担当者にふりかかってくるからです。だからこうしたことをまったく指摘せず、言われたままの見積もりしかださなかったところには不信感しか感じられません。

3.話がわかりやすい
いままで縁がなかった業界の方と仕事でお話をする機会があり、とてもわかりやすく説明をしていただいたおかげで上司への報告も滞りなくできたことがありました。生半可な理解だけでは必ず上司につっこみをいれられたじたじになってしまいます。お金を払って依頼する以上納得のいく説明は不可欠です。

おわりに
台湾の日系企業営業にこの経験を生かせるか?
 とりあえずお客様に見つけてもらわないと仕事はまわってこない
派遣先では見積もりは3社以上取るよう決められています。といっても周りにどんな業者があるかさっぱりあてがありません。それを考えると、お客様に声をかけてもらうために「会社の存在を知ってもらう」ことは非常に大切です。

今回僕はすべてインターネットの検索で業者を探しました。やはり検索で上位にでてくるか出ないかでビジネスのチャンスに大きな影響がでると強く感じました。

これら「営業された」経験を台湾に戻って生かしてみようと思います。

2回目の台湾旅行のお供に


台湾(海外生活・情報) ブログランキングへ   

上のリンクをぷちっと押していただくと大変励みになります。 
にほんブログ村 トラコミュ 台湾 / 中華民国へ
台湾 / 中華民国
このエントリーをはてなブックマークに追加

台湾でもブラック企業は存在する
僕は台湾でいくつかとんでもない会社に縁があり、不本意にも会社を転々と転職することを繰り返したことがありました。そのなかでも一番戸惑ったのは創業者がいまだ現役で活躍している会社でした。

台湾では起業家精神が旺盛で、将来は「老板(ラオバン、社長という意味)」になるという野望を持った人が多いと聞きます。そのせいか中小の企業が乱立し、数年もたたずにその多くが淘汰されていくようです。

台湾では家族企業がそのまま発展していくケースが多く、在籍をしていると「入社=社長の家にご奉公」といった感覚がします。

こうした会社に就職した場合、どんな台湾就職生活を送ることになるか、僕が経験した事例でまとめてみました。

1.創業者の血縁者ばかり
台湾の会社は創業者血縁者ばかり
周りは社長の血縁者ばかり
会社に入社した当初はわからなかったのですが、次第に要職についている上司のほとんどが社長の親類縁者であることが他の従業員からの話でだんだんわかってきます。だからうかつに会社や上司の悪口が言えません。

親類縁者である上司も創業者の意を組んで熱意を持って仕事をされているヒトもいますが、きわめてマイペースの方もちらほら。社長も身内がかわいいのか、あきらかに仕事ぶりが悪い上司をみても見て見ぬふり。でもその身内の身なりからは給与をたくさんもらっているのはあきらかにわかります。

そしてそのしわ寄せは非血縁者に確実にのしかかります。

低賃金、長時間労働で、ヒトは入ってはどんどん辞めて行きます。社内に残った社員は創業時、もしくは会社躍進時に入社した年配の方ばかりでまったく世代交代がすすみません。

2.創業者夫人の影響力が強い
創業者夫人の力は無視できない
創業者夫人の存在は非常に大きい
特に創業者夫人が社内に幅をきかせている場合は事態が深刻です。創業者が不在のときは、社内の善悪の価値観は夫人の感情に左右されてしまいます。
 
会社の発展、創業者一家の財力はあきらかに創業者の才覚によるものなのに、ご自身にも同様な才覚があると勘違いされていると、周りの社員は大きな不幸にさいなまれます。

僕が経験した事例では実際に会社の運営を切り盛りする古参幹部とは感情的に対立し、思いつきに近い、そして現実にはおよそそぐわない指示を乱発して現場はいつも大混乱。そんな夫人に逆らったものは、間違いなくいろいろな理由をつけてクビになります。

社用車を私用で使ったり、従業員に自分の引越しを手伝わせたりと公私の区別があまりついていないこともしばしば。ご自宅の残り物が翌日の社員の昼ごはんとして供されるときもありました。

3.創業者が神様
従業員にとって神様は創業者
従業員にとってはお客様より創業者のほうが神様
なにはともあれどの会社にも共通して言えるのは創業者は会社の神様です。社長の言葉はなににつけても最優先。「入社=社長の家にご奉公」なので、会社の制度などあってないもの。

入社させてあげた「御恩」返しとして、本人の家族の状況よりも会社優先で単身赴任で僻地に飛ばされたヒトもいました。

会社はもうある程度大きくなって、昔とは違うのにいまだにすべての見積もりや決定に関与していることもあります。まだ安心できないのでしょうか?

日本から台湾就職を目指す皆さんの参考になれば幸いです。

2回目の台湾旅行のお供に


台湾(海外生活・情報) ブログランキングへ   

上のリンクをぷちっと押していただくと大変励みになります。 
にほんブログ村 トラコミュ 台湾 / 中華民国へ
台湾 / 中華民国
このエントリーをはてなブックマークに追加

海外就職は出会いの宝庫
あなたも台湾で意外な出会いがあるかも
日本を離れ、台湾に移住して生活や就職するメリットはいろいろあります。
そのなかでも意外なメリットとして、お仕事を通じて日本では到底お会いする機会がない人と出会えることを強く感じます。

岡山県つながりで台湾で岡山県知事にも会った!
僕は台湾で岡山県人会にいれていただいています。これは岡山県にゆかりのある方々が集う飲み会です。参加者は岡山県出身者、または岡山県に住んでいたことがある、お仕事、留学などで台湾に滞在されている方です。

メンバーは日本でも超有名な会社の現地法人のトップや幹部であったり、台湾で会社を作られた方であったりといずれも立派な方ばかり。

そんななか僕のように台湾に流れてきた現地採用のおっさんでも気軽に話ができたりします。

果てはそのご縁で台湾に岡山県のプロモーションにきた岡山県知事一行とのパーティにも参加でき、当時の石井知事ともお話しをさせていただく機会がありました。

いきなり日系現地法人のトップに営業

台湾で働くメリットとは?
日系会社でも台湾にいる日本人は少ない
また台湾の日系会社は規模が案外小さく、営業やら仕事でお伺いすると、いきなり現地トップである日本の方が出てくるケースもよくあります。

仲良くさせていただいた日本からの駐在さんの中には、帰国したら本社の大幹部になられた方もいらっしゃいます。ただ残念なことにこれら駐在の方が帰国された後、またどこかでお会いできるチャンスはあまりありません。日本のビジネスマンは忙しいので仕方ありません。

2014年もご縁がありますように
台湾にくる日本人観光客は大変多いのですが、台湾在住をしている日本人で形成される日本人社会はまだまだ小さいです。そのぶん意外な出会いなど、普段ではありえないご縁をいただく機会も多いです。

2014年もいろいろな人とご縁があることをお祈りしております。今年こそこれを読んでいただいているあなたにもお会いできるかもしれません。そのときはどうかよろしくお願いいたします。 
台湾で就職をお考えのあなたに


台湾(海外生活・情報) ブログランキングへ   

上のリンクをぷちっと押していただくと大変励みになります。 
にほんブログ村 トラコミュ 台湾 / 中華民国へ
台湾 / 中華民国
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ