台湾基隆市になぜ岡山県人が住んでいるのか?

私は岡山県倉敷市出身で、2007年3月に岡山を離れ台湾の北東にある港町、基隆市に住んでいます。 台湾でのサラリーマン生活で感じた個人的な感想をブログで書かせていただいています。

Category: 岡山に観光客を集める方法

とある事情で最近まで中国人観光客を対象にした台湾資本のお土産屋で業務の手伝いをしていました。
 
その店は辺鄙な郊外の幹線道路沿いにあるにも関わらず、毎日10台くらいの観光バスが入れ替わり立ち代わり中国人を連れてきます。どんな仕組みで中国人を呼び寄せているのだろうと興味がわき、こっそりそのからくりを探ってみました。
 
キックバックでつながる旅行会社、ガイドとお店
キックバックでつながる観光業界
中国人観光客の財布の中のお金をいかに使わせるかが思案のしどころ
現状、中国人観光客は団体旅行主体なので、旅行会社のツアーコースにいかにお店を組み込んでもらうかが大きなポイントになります。

さらにはツアーを引率するガイドらをいかに取り込んでいくかもかなり重要。ガイドが事前に中国人観光客にうまくお店の商品について説明してもらうだけで、店の売上も全く変わってきます。

そのためには、店側は旅行会社やガイドに多大なキックバックを提示する必要があります。

さらには店側も中国人観光客にしっかり売る努力をしなければ、ガイドらはもっと中国人客が喜んでたくさん買い物をする他店に逃げていってしまいます。

ガイドも旅行会社もキックバックが大きい収入源になっているので、その辺はかなり敏感。

さらにお店側は、客が何も買わなくても店に連れて来たお礼を払う必要があったり、バスの運転手やらにも心づけを出す必要があります。

いろいろなキックバックや、集客にかかる費用を考えると、商品そのものの仕入原価はかなり低いのではないかと思われます。

でもそんなことは中国人観光客には知ったことではありません。来る日も来る日も中国人様はウン十万円もする商品を購入していきます。僕の心中はかなり複雑です。

増え続ける中国人観光客
激増する中国人観光客をいかにとりこむか?
激増する中国人観光客をいかにとりこむか?
報道によれば、日本を訪れる中国人観光客の数はうなぎのぼりのようです。2014年11月の訪日中国人観光客数は、前年同期比103.6%の増加で、他国観光客を圧倒しています。

また、2014年7月~9月期の消費額で見ると、中国人観光客一人当たりの平均消費額が23万6353円と、前年同期比18.7%も増えているようです。

免税制度も改正され、円安の追風にも乗り、今後さらに多くの中国人観光客が、日本で買い物をしていただけると思われます。
 
岡山県のとる道 ショッピングツーリズム
岡山城に中国人観光客があふれる日が果たしてくるのか?
岡山城に中国人観光客があふれる日が果たしてくるのか?
岡山県は日本初体験の海外観光客に対して、正直これといってガツンと来るコンテンツに決定的に欠けています。

新幹線や高速道路など交通網が非常に整備されていますが、皮肉なことに観光客を乗せたバスや電車はそのまま岡山を素通りされてしまいます。

そこで岡山に海外観光客に特化したお土産屋を集積したらどうかと考えます。

特に関西・四国・九州など西日本を大きくまわるツアーのなかに、岡山県でまとめて買い物ができるようスケジュールを組んでもらうのです。

中国人が好む電化製品、薬、化粧品を当然のこと、ブランド品やらはては美術品、貴金属にいたるまですべて免税で購入できるよう取り揃えます。

そしてこれら購入した商品は、お土産屋から直接空港、もしくは最終日に宿泊するホテルまで配送をします。

もちろんガイドさんや旅行会社にはそれはそれはたくさんたくさんキックバックをさしあげます

さらには中国に岡山県の出先をつくり、商品のアフターサービスを受け付けます。もちろんそこはさらに岡山県に観光客を集客させる拠点としての機能をもたせます。

とここまで妄想しましたが、問題は中国経済がとれだけもつかということです。構想から実際に運営まで数年、それまでに中国経済がこけてしまったら・・・・当然岡山県も道連れです。


あなたもいっしょに岡山県のために一肌脱ぎませんか?

これでいいのか岡山県 (日本の特別地域特別編集 42)

マイクロマガジン社
売り上げランキング: 109,753
このエントリーをはてなブックマークに追加

台湾人にはまだ岡山県の知名度がかなり低く感じます。岡山県出身ですと伝えても台湾人にはなかなかぴんと来ないようです。日本に行ったことがある人でも反応は変わりません。

「岡山県ってどんなところ?」と聞かれることも多いのですが、頑張ってどんなに説明しても、台湾人にはなかなか岡山県の魅力をわかってもらえません。

どんな岡山県紹介であれば台湾人の心にを揺さぶることができるのかというテーマで考えてみました。

岡山県の魅力とは?
岡山県の魅力とはなにか、まずはGoogle先生に聞いてみることにしました。検索で出てくるサイトの記事を参考にまとめてみると・・・
 
1.桃太郎の故郷、古代吉備文化発祥の地
2.フルーツがおいしい(白桃・マスカット・ピオーネなど)
3.晴れの日が多い(晴天率は全国一)
4.地震、大雪、洪水、渇水など自然災害が少ない
5.自然が豊か
6.交通が整備されており関西・四国などへのアクセスがよい
7.医療が進んでいる
といった感じです。

これらをどう組み合わせて話をすれば、台湾人に興味をもっていただけるのでしょう?

もう桃太郎では勝負しない 岡山県の新しいアピールとは
岡山台湾便が通年運航復活する日はあるのか?
岡山台湾便の通年運航は復活するのか?
次に岡山県をどのようにアピールしていけばいいかを考えてみます。

僕が開口一番で説明するのが「岡山県は桃太郎の故郷」ということなのですが、台湾人からは期待するほど関心をもっていただけません(ちなみに台湾人も桃太郎の話はよく知っています)。

ならばと美観地区やらフルーツネタで話を続けても、台湾人の関心は遠のくばかり。原因はいったいどこにあるのでしょう?台湾人の立場で考えてみることにします。
 
「岡山県ってどんなところ?」と質問をする台湾人には2タイプあると思われます。

1つは日本に関心はあるけれど、まだ日本に行ったことがない台湾人。

日本情報が氾濫する台湾で、大都会東京、古都京都、雪の北海道など日本を代表する観光地のイメージを漠然と持っているのがこのタイプ。また代表的な観光地の一部しか行ったことがない台湾人もこの範疇に入ります。

2つめはすでに日本に何度も旅行にいったことがある日本好きな台湾人。

昨今の円安で、また日本に旅行に来るリピーターも増えたと聞いております。もうすでに代表的な観光地に足を踏み入れ、彼らはなお新しい発見を求めて日本にやってきます。

 僕が振り返って考えるに、今まで僕が岡山県を紹介してきた台湾の皆さんは1.のタイプがほとんどだったと思います。

しかし「トーキョー・オンセン・ラーメン」といったステレオタイプ化した日本像にぞっこんの彼らに、そもそも「桃太郎の故郷・岡山」「白壁の街・倉敷」と説いても、関心を持たせることは至難です。

そこで1.のタイプへのアプローチは断念し、これから増えていくであろう2.のタイプに重点を絞った新しい紹介の仕方を模索してみることにしました。

また岡山県単独ではやはりパワー不足なので、近隣他府県の名前も入れてみます。

NHK式+ 心理学】一分で一生の信頼を勝ち取る法』で岡山県をアピールすると
最近本屋で『【NHK式+ 心理学】一分で一生の信頼を勝ち取る法』という本を手に入れました。短い間に相手にしっかり自分の言いたいことを伝え、信頼を得られるにはどうすればよいかについて、話法から仕草までしっかり説明されています。

この本では信頼を勝ち取る法則として、NHK式7つのルールというのが紹介されています。
●第1のルール――話す目的をハッキリさせる
●第2のルール――「13文字以内」でタイトルをつける
●第3のルール――結論は「最初の15秒」で言う
●第4のルール――「一文50文字以内」にする
●第5のルール――「4つの抑揚」で強調する
●第6のルール――「1分300文字」でゆっくり話す
●第7のルール――独り言から入る

ここで紹介されているNHKが長い年月をかけて研究した内容に沿って、日本観光リピーターの台湾人に対して岡山県のアピールをしてみます。

シチュエーション 
台湾人にどう言えば岡山県の良さをうまく伝えられるか?
日本に何度も行ったことがある日本好きな台湾人と知り合う。出身を聞かれ、「岡山県」だと答えたところ、その台湾人に「岡山県には行ったことがないんだけど、どんなところ?」と言われた後に続く1分間の岡山県紹介。

桃から生まれた桃太郎って知ってる?あの桃太郎の故郷が岡山なんです。
(独り言)

岡山は東京や大阪にはない日本の昔の原風景を見ることができる歴史の街です。なぜなら京都のように大規模に観光化されていないので昔のままの雰囲気が楽しめます。例えば田園地帯に点在する古代吉備国の古墳や寺社、天領だった倉敷に並ぶ白壁の屋敷や蔵などがあります。

岡山県は日本一晴れの日が多いので、安心して一日かけて自転車で回ることができます。
 
大阪や神戸に行ったら必ず寄ってみるべきところです。関西エリアから新幹線で約1時間と日帰りでも十分楽しめます。四国や広島にもアクセスが良いので、岡山を拠点に観光日程を組むことも可能です。他の人とは少し違う日本体験をしたい、日本観光中級者以上の方におすすめです。(本文)

むずかしい!!まだまだ考える必要がありそうです。

2回目の台湾旅行のお供に


台湾(海外生活・情報) ブログランキングへ   

上のリンクをぷちっと押していただくと大変励みになります。 
にほんブログ村 トラコミュ 台湾 / 中華民国へ
台湾 / 中華民国
このエントリーをはてなブックマークに追加

台湾台北から岡山直行便を利用してみた雑感
台湾に在住している僕ですが、運転免許更新のため故郷岡山に一時帰国をする必要がでてきました。そこでかねてから乗りたかった台湾台北岡山便を使うことにしました(2014.8.30)。

今回のブログでは台湾台北岡山便のよかった点、悪かった点についてまとめてみます。

まずよかった点から
 
台北から往復だと大変便利な時間帯
現在(2014年9月23日)の台湾台北ー岡山間の時刻表を岡山空港のホームページで調べると以下のとおり。

台北(桃園)岡山空港 時刻表
台湾台北(桃園空港)便の時刻表 (岡山空港のホームページから抜粋)
台湾台北からこの便を利用すると出発も到着もかなり便利です。

台湾台北からの出発時間は10時15分で、桃園空港から離れた基隆に住む僕でもかなりゆっくり出発できます。

以前まで関空経由で岡山に帰っていたときは、午前8時30分前後の飛行機に乗っていました。となると朝5時くらいには家を出る必要がありました。

到着時間も午後1時55分と午後から十分遊べます。関空経由の場合は午後5時過ぎには倉敷市内の自宅につきますが、乗り換えが多く、子供を連れているとしんどさ倍増です。

帰りも岡山空港の出発時間は午後3時分で台湾台北には午後5時には到着します。午前中はまだ岡山で遊べますし、台湾到着も夕方なのですんなりと明日の朝から出勤が可能です。

シーズンを選べば関空経由よりリーズナブル
岡山直行便は関空便+国内交通費より高い
岡山直行便は関空便+国内交通費よりまだ値段が高い
岡山に帰るにあたり、関空経由と岡山直行便のどちらがトータルの交通費が安くなるかを比べました。

台北関空チケット代+国内往復交通費>台湾岡山直行便チケット代となるかどうかが岡山便を利用するカギでした。

Googleで調べると、関空と岡山の僕の実家までは16180円(関空-JR新大阪間は特急はるか自由席、JR新大阪-岡山駅は新幹線自由席、岡山駅-実家の最寄り駅は在来線)です。

これを現在(2014年9月23日)のレートで直すと約4500台湾元くらいになります。

たまたま僕が調べたとき8月末の便で台湾台北岡山便が12000元そこらで出ていたため迷うことなく岡山便を選びました。

しかしシーズンのころは岡山便も非常に高く、関空便のチケットに国内交通費をいれてもさらに高かった記憶があります。

今度は悪かった点をあげてみます。

飛行機が小さく、トイレが不便
岡山直行便は飛行機が大きくない
飛行機が小さいのでトイレがいつも満員
以前まで関空を利用していたせいか、今回の台湾台北岡山便の飛行機がかなり小さく感じました。席数も片列3シートと2シートしかありません。
 
問題なのはトイレ。エコノミー席には飛行機の最後尾にしかトイレはありません。そのためトイレはしょっちゅう込み合っていました。

今回しょっちゅうトイレに通う息子を連れていたので、息子がおしっこをもらさないか心配でした

機内サービスにかなり不満
機内食が思いのほかまずかった
これは他社の機内食。岡山便の機内食はまずかった
機材はどうであれ飛べば問題ないのですが、僕が搭乗したときは機内サービス面でもがっかりすることがありました。

まず機内食ですが、行きも帰りも正直、関空路線より料理のグレードが落ちていると感じざるをえません。

内容はもう覚えていませんが、息子のために頼んでいたお子様用もひどくて、息子もほとんど食べませんでした。

さらには飲み物サービスの客室乗務員の接客にも腹が立ちました。缶ビールを頼んだのですが、半分凍っているようなものを出してきました。

ふたをあけていただいたのですが、中からビールが噴出しているまま机におかれ、そのまま次の席にいってしまいました。

ズボンに滴り落ちてくるビールをそこらへんの紙ナプキンで拭いてもやはり防ぎきれません。

客室乗務員にハンカチ出せと連呼してようやく気が付いたのか、ただナプキンを数枚僕に渡すだけ。そしてなぜか「謝謝」と連呼されるのです。この若い女性の乗務員のとんちんかんな対応にただただあきれるばかりです。

このときにたまたま不器用な乗務員に出合ったのだと思いたいのですが、正直今回の機内の思い出はあまりよいものはありませんでした。

もう台湾台北岡山便の通年運行はこのままなくなってしまうのか?
岡山台湾便はもう消滅してしまうのか?
台湾岡山便はこのまま消滅してしまうのか?
搭乗する数日前にニュースで台湾台北岡山便の通年運行がなくなったと聞きました。

僕が利用した8月末も台湾から岡山までの便で搭乗率は見た限り6割前後、岡山からは7割前後でした。現在の台湾人の旺盛な日本観光熱を考えると少し機内はさびしい状況です。

これから冬を迎えると日本東北部への飛行機需要が増えることが予想されるだけにエバー航空が岡山との秋冬便を停止して他の都市へ振り替えをするのも仕方がないことかもしれません。

2回目の台湾旅行のお供に


台湾(海外生活・情報) ブログランキングへ   

上のリンクをぷちっと押していただくと大変励みになります。 
にほんブログ村 トラコミュ 台湾 / 中華民国へ
台湾 / 中華民国
このエントリーをはてなブックマークに追加

2年ぶりに台湾から岡山に帰省
2014年の旧正月、2年ぶりに定住する台湾から岡山に帰省しました。

2年ぶりに帰って一番変わったと感じたのが両親でした。72歳の父はますます髪の毛がうすくなり、いつの間にかすっかり完全なおじいさんになっていました。

タブレットで気軽にLine(ライン)
毎年岡山に帰省することができるかわからないので、もっと気軽に両親と連絡が取れるよう僕たち夫婦からタブレットをプレゼントすることにしました。

家に無線環境を作れば、Line(ライン)で気軽に連絡がとれます。いちいち毎回パソコンを立ち上げる必要もありません。

そこで早速岡山の実家の近所にある家電量販店でタブレットと無線ランルーターを購入しました。

問題は無線Lanルーターの設定
無線Lanルーターの設定ができるだけ簡単にできるものを選んだつもりなのですが、なかなか説明書のようにはいきません。

説明書によると、設定には無線Lanができるパソコンが必要なのですが、家にある7年前のパソコンではその機能がなくて設定できません。

そこで台湾からもってきた僕のスマホ(スマートフォン)を使わざるをえなくなりました。

遠伝通信なら大丈夫?!恐々スマホの3Gを開けてみる
海外でスマホの3G使って本当に大丈夫?
スマホを使って設定する場合、説明書にあるQRコードを読み取るアプリをダウンロードする必要がありました。

帰国後僕はローミングで高い通信料を請求をされるのを恐れてスマホの3G機能を切っていました。

ダウンロードするにはこのスマホの3G機能をオープンする必要があります。

不安でためらっていると、台湾の嫁は「確か契約している遠伝通信は、海外使用の場合1日400元くらいの定額でそれ以上はかからないから大丈夫」というのです(この金額が正しいのかはまだ未確認)。

そこで恐る恐る3Gをオープンしてそのアプリをダウンロードすることにしました。

しかしアプリを使ってQRコードを読み取って設定してみましたが、タブレットは無線は受信しますがなぜかつながりません。

悪魔のメッセージ パケ死 
30分ですでに4695元、パケ死です。夫婦で首をかしげていると、突然僕の携帯が悪魔のメッセージを受信したのです。

通信料金がなんと4600元(約13800円)を越えたらしいのです。なんと3Gをあけて30分もたたないうちに。

4600元がどれくらいの価値をもつかおわかりになりますか?

2012年度の台湾の大卒初任給は平均30335元(日本円で約10.5万円)。4600元はその約15%にあたります。

日本の大卒の平均初任給19万円(2013年)の1.5割というと2.9万円くらい。たった30分の通信料でそんなにかかったんです(あくまで物価感覚)。

原因は初期設定を確認しなかったから
どうも原因は僕のスマホがローミングでソフトバンクの回線を使うような初期設定になっていたからのようです。

遠伝通信はNTT回線を使わないと嫁の言うサービスは使えないようです。

設定を確認しないまま他社の回線を使い、しかも通信量がかかるアプリのダウンロードをしたものだから、高額な費用がかかるのも当然。

結局両親のタブレットの無線がつながらない原因もわからず、そのまま全部のルーターの電源を切ってふて寝することになりました。

台湾在住の日本人も気をつけて
あなたもパケ死大丈夫?しかし朝起きるとタブレットの無線は不思議とつながっていました。

原因は現在両親がインターネットを契約している倉敷ケーブルテレビのルーターに前の設定情報が残ったままだったようです。

新規で無線ルーターを設定する場合、インターネットのルーターは必ず30分以上切ってからでないと前の設定情報が消えないと実は説明書にも書いていました・・・・。

日本から海外旅行してパケ死する記事はよく見ましたが、実際自分が台湾から帰国して同じような目にあうと思いませんでした。

海外在住者、台湾在住者の方も是非気をつけてください 。


台湾で就職をお考えのあなたに


台湾(海外生活・情報) ブログランキングへ   

上のリンクをぷちっと押していただくと大変励みになります。 
にほんブログ村 トラコミュ 台湾 / 中華民国へ
台湾 / 中華民国
このエントリーをはてなブックマークに追加

台湾から岡山空港へ
2014年の旧正月休みを利用して、二年ぶりに台湾人の嫁と息子を連れて台湾から岡山の実家に帰省しました。

普段関空経由で電車を乗り継いで岡山に帰るのですがチケットがとれませんでした。そこで今回中国東方航空を利用して上海経由をすることになりました。

本当であれば岡山と台湾桃園空港を結ぶ定期便を利用したかったのですが、残念ながら冬は飛んでませんでした。
岡山発上海行きの機内食(朝ごはん)
中国東方航空岡山発の機内食になんときび団子がついていました

今回の台湾発上海経由岡山ルートを、費用、時間、快適度の面から関空経由と比較して検証してみます。

1.費用(レートは1台湾元=3.37円で計算) 
台湾から岡山までにかかる費用は?
円安の影響は大きい
上海経由の場合
費用は一人約18,000元x3人(夫婦・息子)=54,000元(181,980円)
岡山空港からは親が来るまで迎えにくるので費用は発生しません。
 
関空経由の場合
台北桃園-関西空港(飛行機)---2年前の価格
1人14,000元x3人(夫婦・息子)=42,000元(141,540円)
空港-岡山・倉敷・西阿知駅(JR 新幹線など)
1人7,400円x2人(夫婦)x2(往復)=29,600円 
小学校に上がるまで子供は無料
合計171,140円

これですと関空経由のほうが10840円安くすみます。 

なお円高だった2年前のレート(1台湾元=2.58円)で計算するとその差は1360円まで縮まります。 

2.時間
上海トランジットは待ち時間7時間
上海岡山便出発まで7時間待ち
上海経由の場合
今回は朝9時のフライトで台湾桃園を出発、10時50分に上海浦東空港に到着。

それから次の岡山便出発は17時35分で上海で6時間45分待ちです。岡山空港へは20時30分到着で行程は半日がかりです。

待ち時間が長いため中国入国も事前に検討してはみました。

しかし旧正月で中国人も出国ラッシュと予想され、再出国審査でどれだけ並ばなければならないかまったく時間が読めません(中国人がまともに列に並ぶかも不安)。

さらには昨今の中国の大気汚染の問題もあり、入国はあきらめました。 
広い上海浦東空港でも7時間待ちはつらい
どんなに広くても7時間待ちはつらい(上海浦東空港)
4歳の息子と空港7時間待ちは正直非常につらい。息子にとってもこのうえなく退屈な時間だったと思われます。

上海の空港の出国フロアは非常に広いのですが、さすが7時間でも時間をかなりもてあまします。

まずは持参したマグネットの囲碁で息子と2,3回勝負。その後かくれんぼ、宝探しとやってみたのですが、しまいには疲れて家族で寝てしまいました。 

関空経由の場合
前回搭乗の午前8時30分台湾桃園発のエバー航空の事例で考えると、午前11時55分関空着。

それからJRに乗り換え、午後4時ころには岡山の実家の最寄の駅(西阿知)まで着きます。

行程は8時間30分、上海経由の3分の2です。

3.快適さ・トラブル
岡山空港まで無事荷物は届くのだろうか?
費用、時間ともに関空経由に完敗の上海経由ですが、快適さにおいて1点最大の利点があります。

それは荷物を台湾桃園空港で預けると、岡山まで身軽に動けるという点です。

関空経由ですと関空からJRに移動する時、新幹線に乗り換える時、在来線に乗り換える時、移動が大変です。小さい子供と一緒ならなおさらです。
チェックイン時からトラブルの予感
チェックイン時からトラブルの予感
しかし岡山という地方航路を中国の航空会社でトランジットで旅行するにあたり、至る所でトラブルが発生しました。 

トラブル1  1週間前にフライトキャンセル
帰国の1週間前に突然、上海-岡山間のフライトキャンセルの連絡がきて日程を変更せざるをえなくなり、行きも帰りも1日後にずらすこことになりました。

トラブル2 「上海の空港で荷物をいったん引き取れ」といわれる
台湾桃園空港でチェックイン時、係員から「トランジットでも荷物は上海の空港でいったん引き取れ」と耳を疑うようなことをいわれました。

理由は台湾桃園空港ではシステムの問題で岡山まで一貫して荷物を届ける手配ができないからだそうです。

その隣で同じく上海経由で中国のハルビンまでいく客が同じ理由で職員ともめてました。

結局嫁とその客の猛烈な抗議でなんとかなりましたが、実際荷物が岡山まで届くかかなり不安でした。

トラブル3 岡山行きの飛行機の座席がバラバラ
岡山行きの飛行機は小さく搭乗口までバスで向かいます。そこで座席を確認すると、なんと親子3人の座席がてんでばらばら。子供がいるので非常に弱りました。

台湾でチェックインを受け付けた係員が何も考えず手配したものと思われます。

なんとか機内で3席並んだ空席を見つけたので事なきをえました。

トラブル4 スーツケースが壊れた
岡山空港に到着して荷物を探すと、荷物はあるにはありました。しかしなんとスーツケースを引っ張る取っ手部分がなくなっていました。

上海でトランジットの際壊されたのでしょう。

近くの女性職員にクレームをつけると、担当者が飛んできました。弁償は最大2000円しかでないようです。

僕の結論 
上海経由台北岡山ルートは家族連れの方にはあまりおすすめできません。

子供がいて荷物が多いと心配事満載で気が休まりません。

単身で荷物が少なく、中国に入国して7時間身軽に遊べてしかも大気汚染にもモノともしない人には面白いかもしれません。
 
今年こそ台湾を旅行しようとお考えのあなたに


台湾(海外生活・情報) ブログランキングへ   

上のリンクをぷちっと押していただくと大変励みになります。 
にほんブログ村 トラコミュ 台湾 / 中華民国へ
台湾 / 中華民国
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ