基隆七堵駅
これまで台北からMRTが延伸してくることを祈っていた基隆ですが、台北の南港から基隆までMRTとは別のライトレール(基隆軽軌)が走ることになりました。

問題は、基隆は平地が少ないので、路線は既存の台湾鉄道(台鐵)とほぼ併走せざるをえないことです。

八堵-基隆間に至ってはレールを共有せざるを得ない状態です。このためこの区間について台鐵路線を廃止する声があがってきています。

現在多くの基隆市民が台鐵で台北に通勤しています。廃線になっても、軽軌に乗って八堵で台鐵に乗り換えればよいだけの話ですが、やはり以前より不便になることは否めません。

もう特急電車に邪魔されない ライトレールのメリット

基隆ライトレール路線図
軽軌導入には当然メリットもあります。

台北-基隆間を含む台湾東部を走る台鐵路線には、花蓮や台東行きの自強号や太魯閣(タラコ)号といった遠距離特急が多く走ります。

こうした特急は通勤で使用する各駅停車より優先されるため、通勤列車は往々にして、通過待ちを強いられます。

悲しいことに特急電車はよく遅れが発生するため、通勤電車は更に駅で待たされることになります。

軽軌を導入すれば台鐵とは別線路となるため、特急電車に影響されることはありません。しかも朝晩の増便が容易です。

また選挙の争点になるのか?基隆交通問題
台湾では2022年に市長選挙、2024年に総統、立法院選挙があります。新鋭の基隆市長林右昌(民進党)は、当然断固台鐵路線の廃止に反対しています。

次回選挙をにらみ、またこの交通問題が基隆市民には大きな政治的争点になりそうです。