台湾基隆市になぜ岡山県人が住んでいるのか?

私は岡山県倉敷市出身で、2007年3月に岡山を離れ台湾の北東にある港町、基隆市に住んでいます。 台湾でのサラリーマン生活で感じた個人的な感想をブログで書かせていただいています。

台湾基隆市在住の岡山県人のブログです。

台湾の労働保険に家族死亡給付がある
台湾にも日本同様、労働保険(台湾では労工保険)があります。従業員5人以上の会社では全員強制加入です。外国人も同様です。

今回父を亡くした際、この労工保険に「家族死亡給付」があることを知りました。

受給の詳細は下記の通り(2020年8月現在)
1.被保険者の父母、配偶者又は子供が死亡した場合
2.給付額:家族が亡くなった月から数えて半年の被保険者の平均給与
(1)父母または配偶者が死亡:3ヶ月
(2)12歳以上の子供が死亡:2.5ヶ月
(3)12歳未満の子供が死亡:1.5ヶ月

台湾で働いている方で同様な境遇にあった方は、是非私の申請までの状況をご参考ください。

1.会社の人事部にて
事前に人事部に「家族死亡給付」申請をする旨伝え、最新の情報(必要書類など)を確認してもらってください。あわせて申請の用紙も取り寄せも依頼してください。

私の場合
1.「戸籍謄本」とその中国語訳(共に要認証)
2.「死亡診断書」とその中国語訳(共に要認証)
3.居留書のコピー
4.給付金を入金する銀行通帳コピー
をそろえるよう言われました。

2.日本で必要な手続き
まず故人の「死亡診断書」と故人との関係がわかる「戸籍謄本」を入手するところから始めます。

死亡診断書はコピーでも構いません。入手後、それら書類とそのコピーを1部ずつつけて、最寄の日本の台湾出先機関に認証をもらいます。

実家は岡山県なので、私は台北駐大阪経済文化弁事処でお願いしました。各弁事処には管轄があるので、事前によく確認をしてください。

手続きは郵送でも対応していただけます。もちろん電話等で先方に事前了承をもらう必要があると思います。ホームページはこちら。

私は現金書留で書類と費用を一緒に送付しました。返信は先方が着払いで送ってきます。

3.台湾で必要な手続き
台湾では「戸籍謄本」と「死亡診断書」の中国語訳に公証人認証をしてもらうことが必要です。翻訳はプロに依頼してもいいのですが、私は台湾人の嫁にお願いしました。

公証人は日本語がわかる人を探す必要があります。役に立ったサイトは以下の通り。サイト内検索で”日文”と入れると早く見つかります。


まず公証人に連絡をいれ、翻訳文と「戸籍謄本」「死亡診断書」の原本をSCANしてメールします。内容を先に見てもらい、修正が必要か確認してもらいます。

そしてOKになった翻訳文及び各原本と居留書をもって公証人を訪問します。即日交付が可能です。

以上が私の経験ですが、お役に立てば幸いです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ホテルで隔離生活
台湾に戻り、台北のホテルで14日間のコロナ検疫隔離生活が始まりました。あなたなら14日の隔離生活をどう過ごしますか?このブログでは私が14日間の隔離生活をどう過ごしていたかについて紹介します。

誰にも邪魔されない336時間 
14日間は非常に長い。しかも隔離されているので基本的に誰にも邪魔されることはありません。純粋に14日間336時間が全て自分の自由時間なのです。

普段であれば、会社にいれば仕事やら人間関係で拘束があり、家に帰れば家事や子供の世話で自分の自由時間というものがほとんどありません。

多分人生でこんな機会は2度とありません。私は台湾に帰る数日前から、この14日間の隔離生活をどう過ごすかいろいろ考えました。

オンライン英会話に挑戦
まだ仕事ではそんなに必要ではないのですが、近頃流行りのオンライン英会話に挑戦してみることにしました(下のような本にも影響を受けました)。

家では小さい子供がいるのでなかなか自由な時間もとれませんし、隔離されている今は誰も私の下手な英語を聞く恐れがないのがその理由です。

オンライン英会話各社は、それぞれ数回お試し無料レッスンを設けています。私は各社をリストアップし、14日間毎日お試しレッスンが受けれるようスケジュールを組んでみました。

基本的に各社ほとんどがフィリピン人の講師ばかりでした。ネイティブと呼ばれる欧米系と会話をするには別料金がかかるようです。

それで私はほぼ毎日、フィリピンの女性とお話(英語ではありますが)してさびしい検疫生活をしのぐことができました。1回だけ人生史上はじめてインド人の女性と話をしました。台湾でインド人と英語で話すというのも奇妙な体験です。

英語の歌を100回歌う 英語耳を実践
実は以前から英語のヒアリングが全くだめなことに気がつき、いろいろな本を漁ってよい方法を探していました。

そこで出会ったのが英語耳[改訂・新CD版] 発音ができるとリスニングができる (日本語) という本。
英語耳[改訂・新CD版] 発音ができるとリスニングができる
松澤喜好
アスキー・メディアワークス
2010-08-12

ネイティブ並の発音と、字幕なしで洋画を見られるリスニング力を同時に身につけられるとのふれこみ、そしてネットで見た評判に押され、中古本をアマゾンで購入しました。

本の内容は本当に基礎の基礎。でも付属のCDを聞きながら発音を一つ一つ確認すると、やはりいろいろ「気づき」を感じます。

そもそも発音なんて勉強したことがなかったので、この懇切丁寧な発音指導に目からウロコ。ネットでこの「英語耳」を検索すると数多くのサイトでこの本が絶賛されているのもよくわかります。

私がこの隔離生活でやったのが、その本で紹介された歌や映画などの生の素材を使ったトレーニング。私はカーペンターズの「Yesterday once more」の歌詞とその英語の発音記号を全部紙に書き出して、1日10回を10日間声を出して歌ってみました。

反復は力なり
実は日本に行く前にもこれをやろうとしていたのですが、実際やる時間もやる場所もなくあきらめていました。さすがに家で歌うには気が引けます。

で、100回ホテルで歌ったわけですがやる前とやった後ではやはり違う、効果がある。発音の良い悪いは他人が判断するにしても、ヒアリングが少し進歩している(ように感じる)。

人間やはり何事も回数を重ねれば、なんらかの進歩はある(方法を誤らなければ)。100回という数字に面倒さと本当だろうかという疑いを感じる人も多いかと思いますが、やはり昔から言われるように反復は力(ちから)なりだと強く感じました。

いざ降って沸いた時間をどう使うか?あなたも一度考えてみてはどうでしょうか?何も考えないまま時間を過ごすにはもったいない。準備もなければはじまらない。実際14日間は長いようで結構短いものです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんも海外旅行をする際、事前に海外旅行保険に加入したことがあるかと思います。ここ台湾でも同様な保険があり、日本に一時帰国する日本人でも加入することができます。

このブログでは実際その保険を申請する際に感じた問題点、及び私が後で知った台湾の国民健康保険の活用について紹介をしたいと思います。皆さんの参考になれば幸いです。

1.無保険での受診は10割負担
検討しよう海外旅行保険
台湾在住者である私は、日本の国民健康保険には入っていません。だから日本の医療機関を受診する場合、医療費は実費(10割負担)を覚悟しなければなりません。

以前、海外保険未加入の台湾人女性が日本滞在中に脳卒中にかかり、1000万元(約3400万円)以上の費用が必要になった報道がありました(報道は2019年8月31日 中央社フォーカス台湾)。



台北の桃園空港の出国エリアには保険会社が数社ブースをだしており、そこですぐに保険の手続きができます。都合で一週間ほど日本に帰国する際、私も念のため海外医療保険に加入することにしました。

2.保険申請には認証が必要
苦しくても診断書は忘れずにもらおう
日本に帰国して数日後、私は急に下腹部が痛くなりどうにも我慢できなくなりました。ついには血尿まででるに及び、意を決して岡山県の倉敷市内の内科を受診することになりました。

病院では原因がなんともわからないものの、緊急性はとりあえずないと判断されました。

私はセオリーどおり、受付で「医療費+薬代(約14000円)」の領収書と「診断書(約4000円弱)」をもらいました。

帰宅後、早速保険申請のため今一度医療保険の注意文を読み返しました。すると思いがけない一文を見つけたのです。

保険申請に使用する諸書類は、台湾の在外出先機関の認証が必要(意訳)

台湾の出先機関(台北駐日経済文化代表処)は日本にいくつか拠点があるのですが、管轄が決まっており、岡山県での出来事は大阪の台北駐大阪経済文化弁事処に行かなければなりません。

即日認証サービスはないので、申請に1日、受領に更に1日かかります。認証費用は書類1件当たり1600円。また岡山から大阪まで往復で約1万円かかります。

代理人にお願いしようにも、平日に行ってくれるような知り合いもいません。これでは申請しても完全に赤字です。結局、私は申請を断念しました。

3.台湾の国民健康保険でも申請できる 海外の受診費用
台湾でも国民健康保険で申請ができる
このように、小額の医療費申請では海外旅行保険は割に合いません。だからといって、そのままあきらめる必要はありません。

実は台湾の国民健康保険でも海外受診費用を申請できます(逆に日本の国民健康保険に加入している方も、海外で受診した医療費を申請することができます)。

やり方は、持ち帰った領収書と診断書とそれらの翻訳文をつけて、地元の衛生福利部中央健康保險署で手続きをするだけです(台湾の銀行通帳を持参することを忘れずに)。

この時提出した日本の書類は、台湾の出先機関で一切認証を受けてません。

申請から2ヶ月の審査を経て、医療費分のお金が申請書に記載した自分の銀行口座に振り込まれます(但し診断書費用は出ない)。

4.結論
ご家族のためにも海外保険は是非加入を!
            家族のためにも入ろう 海外旅行保険
私が考えるに、こうした海外旅行保険は通常の病気や怪我のためではなく、あくまで万が一のためのものだと割り切った方がよいと感じました。

しかし先に紹介した脳卒中の台湾女性の例を見れば、やはり海外旅行保険は加入しておいた方が無難だと感じます。

(注)申請関係は流動的なので、やはり事前に関係機関に確認をしておいた方が良いと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ