台湾基隆市になぜ岡山県人が住んでいるのか?

私は岡山県倉敷市出身で、2007年3月に岡山を離れ台湾の北東にある港町、基隆市に住んでいます。 台湾でのサラリーマン生活で感じた個人的な感想をブログで書かせていただいています。

Tag:テレビ

荷物一つで台湾に乗り込んだ7年前
2014年3月14日は僕にとって台湾移住7年という節目の日です。

7年前トランク一つで桃園空港に一人降り立ちました。今思えば男35歳で単身台湾に乗り込むなど世間知らずもいいところでした。

来たころは仕事も生活も苦戦続きで、故郷岡山にいつ帰ろうかと本気で考えた時期もありました。

台湾移住7年を記念して、台湾に来た当初から振り返って感じたことを7つ書いてみようと思います。

1.実はテレビをみなくても生きていけるとわかった
あなたは当然テレビがなくても生きていけますね?
7年前まだ30代だった僕の生活は、恥ずかしながらまだテレビが中心でした。
帰宅するとビール片手にバラエティ番組や野球中継を見ていました。

台湾に来たころは、テレビがリアルタイムで見れなくなることで話題にもついていけなくなるのではないかと少し気がかりでした。

しかし結局インターネットがあることもあり、そんな心配もまったく杞憂に終わりました。

2.日本の芸能界に疎くなった

テレビを見ないせいかそれともそういう年になったからかはわかりませんが、台湾で生活していると日本の芸能事情に全く疎くなりました。

流行のピークを過ぎてから小島よしおの「そんなの関係ねぇ」をテレビで目にした時は、なんだか世の中から置いてけぼりを食った感じがしました。

楽しんごにいたっては、ネットの記事しかみていなかったので、名前の読み方をずっと「らくしんご」と思い込んでいて恥をかきました。

3.インターネットサービスが本当に便利になった
スマホがあれば台湾でも生きていける
7年前すでにインターネットはありふれていましたが、まだまだ今ほどいろいろなサービスはありませんでした。

最近はスマホが普及し、特にLine(ライン)が出てきてからは、国際電話というものが意味がなくなってきた感があります。

今や台湾のどこにいても、ネットで日本の最新情報がわかったり、果てはフェイスブックで日本の友達がどこでご飯を食べたかさえ知ることができたりします。

もはや浦島太郎状態になることはありえません。

4.父母の老化を強く感じる
父母もいつまでも若くない
1年に1回、事情によって2年に1回しか故郷岡山に帰ることができないこともあり、なかなか父母と会う機会がありません。

それだけ期間が開くとどうしても父母の姿を見て「ああ、また老いたなぁ」と強く感じます。あと何回親に会えるのだろうとふと考えることもあります。

5.岡山に帰るのが便利になった
台湾便ができた岡山空港
7年前は中国地方で台湾便が飛んでいるのは広島だけでした。それが昨年(2013年)から岡山便や香川高松便が飛ぶようになりました。

岡山便はまだ季節便で冬は飛んでいませんが、それでも関空経由よりも早く岡山に帰ることができます。

まだ利用する機会はありませんが次回帰省する時は乗ってみようと思います。

6.日本と台湾の結びつきが強くなった
台湾ではたくさん日本人を見かけるようになりました
7年前台湾に移住することになったとき、周りの反応は「台湾ってどこ?台湾って何があるの?」など、まだまだ認知度はありませんでした。

新聞紙面は経済成長を続ける中国のことばかりで、台湾のことが報道されることもあまりありませんでした。

しかしあの東北の大震災で台湾から多額の義捐金が送られたことを契機に、台湾に対する注目度が大幅にアップしたことは皆さんもご存知の話です。

7.祖国日本・故郷岡山県が妙に気になる
やはり故郷岡山県が懐かしい
重苦しい日本、田舎過ぎる岡山県に嫌気がさして飛び出したはずなのに、大地震や不景気、そしてきな臭い国際関係で苦戦の日本、そして高齢の両親が住む岡山県が気になりはじめました。

このブログを書きはじめたのも、もっともっと自分が住む台湾と岡山県の結びつきが深まればと思ったのがきっかけでした。

しかし岡山で育ったにも関わらず、あまりにも岡山を知らないことに気がつきました。

今また岡山県について勉強中です。

台湾に長期滞在の皆さんは?
すでに私より台湾生活が長いベテラン・先輩方も非常に多いと聞きます。皆さんは日ごろどんなことをお感じでしょうか? 


もっと岡山県を知るための参考書籍 
台湾(海外生活・情報) ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

なんと台湾のドラマに悪役日本人が
台湾に来てからというもののニュース以外あまりテレビには興味がないのですが、民視(民間全民電視公司FTV)の夜8時からの連続ドラマだけはよく見る機会があります。

台湾人の嫁や同居の嫁の母が好きでよく見るので、僕もちらちら見るうちにいつのまにか見入ってしまうようになったのです。

現在この時間枠では「風水世家」というドラマが放映されており、まもなく終末をむかえ内容も佳境にさしかかっております。

なぜか悪役の日本人が登場
民視風水世家に出てきた悪役日本人
そんな中このドラマに唐突に悪役日本人がでてきました。

ドラマの流れのなかで、なぜ日本人がでてくるか全くわかりません。

ちょうど尖閣諸島問題で東アジアが緊張しているところだけに、製作側のなんらかの意図が入っているのかと考えるのは深読みでしょうか?(ちなみに台湾も尖閣諸島の領有権を主張しています) 

台湾のドラマで描かれる日本人とは?
この悪役の役どころを説明するには少し長文になるのですがお付き合いください。
前の彼女に手を出す悪役日本人
逃げた前の彼女に手を出す悪役日本人
 悪役の日本人には彼女がいました。しかしその彼女によく暴力をふるい、さらにはよくクラブにいって酒をのみ女を漁るなど散々で、一度その彼女に逃げられます。

この彼女は前の彼氏が忘れられず、彼氏の妻のために代理出産をします。

しかし生まれた子供は実は日本人との間の子供だったのです。

そして親権をめぐって日本人と彼女VS好青年が裁判で争うことになります。
法廷で人に濡れ衣を着せる悪役日本人
他人に濡れ衣を着せる悪役日本人 
どうしても親権がほしい日本人は、なんと好青年を落としいれようとわなを仕掛け、好青年は傷害の罪で警察に捕まります。
結局悪事がばれて捕まる悪役日本人
やはり悪役日本人はいつもやられてしまう
しかし結局悪事がばれて日本人は捕まってしまう・・・・というものです。

奇想天外のストーリーが盛りだくさんの民視八時のドラマ
正直なんだ、このドラマは・・・なんてお思いかもしれません。

この枠のドラマはこんなことは当たり前。浮気、離婚、愛人はドラマが変わっても毎回出てきます。
 
「風水世家」の前のドラマでは、おじさんが怒りのあまり持っていたりんごを握りつぶしたり、青年が車にぶつかって漫画のように飛んでいったりと演出も意味不明なことがあり、日本のネットでも話題になったことがあります。
日本のネットでも話題になった演出
ドラマでこんな漫画のような演出は僕も初めて見ました
結局中国の抗日ドラマにでてくる日本人と同じ
この悪役ですが、女好き、すぐ暴力を振るう 酒のみ 悪知恵が回るなど、おおよそ20年前に僕が中国でよく見た抗日ドラマ(映画)にでてくる日本人と変わりありませんでした。

しかしこの台湾のドラマでは、貴様、馬鹿、馬鹿野郎 めしめし(ご飯)といった中国の抗日ドラマでは定番のフレーズを日本人が連呼することはありませんでした。

ただこの日本人が話す言葉はなぜか流暢な台湾語か中国語。

日本語を話すことはめったにありませんでした。多分視聴者を意識した台本のせいだと思われます。

台湾で活躍の増山裕紀さん がんばれ
次回作「龍飛鳳舞」でも日本人役がある模様
次回作にも日本人が引き続き登場

この悪役日本人(なぜか役名は李志豪)は、日本と台湾ハーフの増山裕紀さんという方が演じています。
 
増山さんは次回の新ドラマ「龍飛鳳舞」でまた日本人役を演じるようです。
 
次回作にも出演が決まった増山さんはどうも民視8時枠のレギュラーメンバーに昇格したのかもしれません。

増山さんがもっとまっとうな日本人役でご活躍することを祈ってやみません。


台湾で就職をお考えのあなたに


台湾(海外生活・情報) ブログランキングへ   

上のリンクをぷちっと押していただくと大変励みになります。 
にほんブログ村 トラコミュ 台湾 / 中華民国へ
台湾 / 中華民国
このエントリーをはてなブックマークに追加

台湾の子供が見るアニメとは
台湾にはテレビチャンネルが100くらいあります。何かに特化したチャンネルが多く、内容はアニメ、ニュース、宗教、財テク、果ては日本のバラエティ、そしてNHK国際放送までいろいろあります。

僕はニュースとかはインターネットで見るので、台湾では嫁の母が好きな「風水世家」を一緒に見るか、TVBSのニュースをみるくらいです。

しかし今年5歳になる息子はテレビが大好き。41にもなってアニメや漫画に縁遠くなっていた僕ですが、息子のおかげで台湾のテレビのアニメ・漫画番組事情が少しわかってきました。

中国語を話すクレヨンしんちゃん
海外物のアニメは見たところほとんど中国語に吹き替えされているようです。だから息子が大好きなクレヨンしんちゃんも、うまく日本語版の口ぶりを残して中国語で話しています。

セーラームーンや忍者ハットリくん、キテレツ大百科なども息子のお気に入りです。さすがに主題歌は吹き替えがされてませんが、息子は耳で聞いたまま適当な歌詞をつけて歌っています。

他にもドクタースランプやスラムダンク、まだまだたくさん日本のアニメが流れており、台湾ではみんな日本のアニメを見て育っていると思われます。また台湾で放映されている日本のアニメは僕が小さいころ見たものばかりで、息子もそれを見て育っていると思うと奇妙な感じがします。

アメリカや中国のアニメも
無論日本のアニメばかりではありません。息子がよく見るアニメを列挙してみます。まずアメリカから。
海綿寶寶(スポンジボブ) 
お笑いのアニメで面白いのですが内容が非常にばかばかしい。台湾でこれをみると知能指数が下がると報道されたこともありました。
飛哥與小佛(フィニアスとファーブ)
麻辣女孩(キム・ポッシブル)
なんと中国のアニメも放映されています。
喜羊羊與灰太狼(シーヤンヤンとホイタイラン)
この中国産アニメですが、悪役の灰太狼が嫁に暴力を振るわれるシーンが問題視されて本家中国で問題になったそうです。
 
どこで育とうと子供はアニメが大好き
台湾のテレビチャンネルは非常に多いのですが、コンテンツは限られているため、1日何回も繰り返し放送されるだけでなく、何日かおきにまた同じ内容の放送がされていることもしばしば。

しかし、前見た同じアニメをみて、また笑っている息子に「これ前みたでしょう、つまらないよ」といっても飽きずにテレビの前から動きません。

僕も子供のころは漫画やアニメが大好きで、祖父とNHKニュースとドラえもんをかけてチャンネル争いまでした記憶があります。

台湾で育とうと日本で育とうとやはり血は争えません。

台湾で働こうかとお考えのあなたに


台湾(海外生活・情報) ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

台湾で嫁の実家に居候している僕には、テレビのチャンネル権はありません。そのせいで知らず知らずに台湾ではやっている民視電視台の「夜市人生」や「新兵日記」などのストーリーに詳しくなってきています。(字幕があるから内容はだいたいわかります)

やはり台湾で日本語の放送がみたい、ききたい。ということで探したのが以下の方法。

1.インターネットラジオ
もうインターネットラジオがかなり普及しているのか、いくつかスマホで聞けるものがでています。

実験段階だった国内のインターネットラジオが、東北の大震災の影響かかなりオープンになって、関東圏や関西圏のラジオ局が日本国内で聞けるようになったと聞きます。(もしかしたらそれも期限付きでまた同圏内からのアクセスに限定されているかもしれません)

radico.jp

地震後このアプリがどこでも聞けるようになるとのことで試したのですが、台湾では使えませんでした。大方、国外からのアクセスについてはIPでシャットアウトしているのでしょう。

ほかにないかなということでもっといいやつ見つけました。

TuneIn Radio
台湾でも聞けます。日本のNHK第一からMBS(毎日放送)まで。

インターネットラジオの特徴としておもしろいのはチャンネル数が大変多いこと。いろいろいじくっていると世界中のラジオが聞けます。

英語、中国語、ベトナム語、フランス語・・・。

世界にはおもしろいラジオ局もあってビートルズ専用ラジオ局、アメリカのオールディーズ専用ラジオ局など探せば探すほどはまってしまいます。語学の学習にもいいかもしれませんね。

2.テレビ
そしてテレビ。
もちろん日本の放送をそのまま普通の手段でネットで見るわけにはいきません。

「テレビなう デスクトップ担当」というフリーソフトをインストールして設定をすると、動画共有サイトからテレビで流れた最新のニュースが連続再生されます。YouTube上に公式チャンネルを開設している報道機関のニュース動画が再生対象となっているようです。デスクトップの一部のスペースでみることができますので、ながら仕事も可能。

問題はネットで経由ということ。場所によってはきけないところもでてきます。またスマホだとバッテリを食うので一日中コンセントをいれずにきくのは厳しいかも。

とりあえず残業で一人会社に残っているときは、充電しながらきいています。トラブルがあったからといって就業時間後は会社に電話しないでね。台湾でチャンネル権のない僕には唯一の娯楽時間なのですから。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ